こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
8位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪ オンリー・ザ・ロンリー / ロイ・オービソン:1960年作

Only The Lonely (Know The Way I Feel) - Roy Orbison

風が吹けば桶屋が儲かる
あることが原因となって、その影響がめぐりめぐって意外なところに及ぶことのたとえ。また、当てにならないことを期待するたとえ。

風が吹くと・・・
1. 砂埃のために目を病む人が多くなる。
2. 目を病んだせいで失明すれば音曲で生計を立てようとする。
3. 三味線を習う人が増える。
4. 三味線の胴に張る猫の皮の需要が増える。
5. 猫の数が減少する。
6. 猫が減れば猫が捕まえる鼠の数が増える。
7. 鼠は桶をかじるから桶がよく売れるようになる。
・・・・桶屋が儲かる

今日ご紹介するのは、この“風が吹けば桶屋が儲かる”という日本のことわざ風に、“もしこの曲が存在しなかったら”としたら、“現代音楽の様相が全く別物になっていたかもしれない”といったとんでもない結果に導かれてしまう曲です。


オンリー・ザ・ロンリー / ロイ・オービソン
【 Single Data 】
リリース:1960年5月
チャート:米国2位、英国1位


リバプール・メロン・アヴェニューにて
ジョン・レノンは実母の姉にあたるミミ叔母さんに育てられました。
彼がメロン・アヴェニューミミ叔母さん宅の自室で寛いでいる時、ラジオから美しい歌声が・・・
「こんな曲を作りたい」と書き上げたのがビートルズの初めてのヒット曲となった「Please Please Me」、そして、その時、流れて来た曲というのが、今日ご紹介するロイ・オービソン「Only The Lonely (Know The Way I Feel)」でした。

もしかして、この曲の存在がなかったなら・・・

プロデューサーの御眼鏡に適う2曲目のシングルを書き上げられず、ビートルズジョージ・マーティン一押しの「How Do You Do It?」を言われるがままレコーディングし、そこそこのヒットを飛ばすものの、いつの日か忘れられてしまうバンドのひとつになっていたかも知れない。
故にその後の音楽界は現在とは別物になっていた…恐ろしや!(笑)
ロイ・オービソン、どうもありがとう

Only the Lonely
Only the Lonely

エルヴィスに・・・
1956年にデビューしたものの、中々ヒットに恵まれなかったロイ・オービソン、レコード会社の移籍を繰り返します。
ジェントリー・レコードサン・レコードRCAと渡り歩き、4社目のモニュメント・レコードの第3弾シングルとして1960年にリリースしたのがこの「オンリー・ザ・ロンリー」でした。
当初、この曲はサン・レコードRCAで一緒だったエルヴィス・プレスリーに提供しようと作られましたが、自らリリースし全米2位を記録するヒット、一気にスターダムに・・・

“品格と優雅さ”
こんな言葉がぴったしの歌声!
多くのアーティストが彼の歌声に憧れ、ビッグ・オーと呼んだのがよく分かります!

Only The Lonely (Know The Way I Feel) - Roy Orbison

オンリー・ザ・ロンリー / ロイ・オービソン
孤独な人たちだけが
今夜の僕の気持ちを分かってくれる
孤独な人たちだけが
何かの間違いだってことを知ってくれる
あの娘が通り過ぎて行く
僕の愛する人が・・・
永遠に去って行き
今は遥か彼方
でも孤独な人たちだけが
僕の涙の理由を分ってくれる
孤独な人たちだけが・・・

孤独な人たちだけが
僕の孤独な痛みを知っている
孤独な人たちだけが
君の為の僕の涙を分ってくれる
明日になったら
新しいロマンに出会えるかも
もう悲しい思いはしたくない
でもその為のには冒険が必要だ
君も寂しい思いをしているとしたら
僕もつらい
それは孤独な人たちだけが分るもの



関連記事

THEME:洋楽 | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

No title

ロイ・オービソン。いいですよね~。
私はビートルズから遡っていわゆるオールディーズ
といわれるジャンル?を聞いていたのですが
その中でもロイ・オービソンとバディ・ホリー
はモダンと言うか何と言うか・・・ビートルズ
に影響を与えたのがよくわかります。
それと・・・何度も言いますが(笑
デビッド・リンチの映画で使われた「イン・ドリームス」
のシーンが忘れられない。(笑

ブルーベルベット

coco爺さんへ

僕も遡りをよくやりますよ!(笑)
これが音楽の幅を広げるのに一番だと思ってます。

「イン・ドリームス」は、邦題が「夢の中で」ということを知らなかった為にジャケットを探すのに苦労しました。
この曲をエントリーした際、デビッド・リンチの映画『ブルーベルベット』で使用されたことに触れました。
いい曲ですね!

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報