こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
10位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪ グッド・カンパニー / クイーン:1975年作

Good Company - Queen

古き良き時代
昨今、技術の進化が著しく、お金を出しさえすれば、殆どの物が手に入ってしまうという、便利な時代であるのは間違いありません。 しかし、それは便利さを得た反面、失ったものが多いのも事実です。

1975年にクイーンがリリースした大傑作『オペラ座の夜』は、その伝統ある建築物をタイトルにしたことに連動するが如く、各所に古き良き時代の音楽を配置、それが見事にハマって、ド派手なクイーンらしい独自のロックと融合、相乗効果を上げています。

今日はそんな古き良き時代のデキシー・ランド風のクイーン版ジャズを1曲・・・




オペラ座の夜 オペラ座の夜
【 Album Data 】
リリース:
1975年11月22日(英国)、12月2日(米国)、12月21日(日本)
チャート:英国1位、米国4位、オリコン9位


この『オペラ座の夜』、一見、「Bohemian Rhapsody」「TheProphet'sSong」など大作、「Death On Two Legs (Dedicated To ... )」「I'm In Love With My Car」を始めとするハードなものが非常にインパクトがある為、ハード路線のアルバムかと勘違いしそうですが・・・
それが大きな間違いなんです!

勿論、個人的には、ハードな曲も全く違和感なく聴けるクチなんですが、流石にこんな曲ばかりだとウンザリすることが多い。
ところがこのアルバムは、大作やハード系と同じだけの、ホッとする曲がこれでもかこれでもかと居並んでるですよね!
そして、このホッとする曲の数々も、殆どのものが、古き良き時代の音楽をクイーン風に料理したものばかり・・・
これらのことがこの『オペラ座の夜』が名作と呼ばせている所以なのだと思っております。

今日ご紹介する曲も、このアルバムのハイライトとも云える「Bohemian Rhapsody」の直前に収録され、稀代の名曲を更に引き立てる重要な役割を担っています。
ブライアン・メイウクレレで始まるデキシー・ランド風の一昔前のジャズのような「Good Campany」、途中の管楽器のような音等、全て古い暖炉で作ったという例のお手製のギター(レッド・スペシャル)で演じております。
古き良き時代と現代をマッチングさせたブライアン・メイは・・・お見事!

Good Company - Queen

グッド・カンパニー / クイーン
持っているものは大事にしろよ
父さんはそう言った
パイプをふかし
ひざの上に赤ん坊のBを乗せて、あやしながら
馬鹿な奴らは相手にするな
良い仲間と付き合うんだ
自分のものは、大事にして
良い仲間と付き合うんだ

僕は大きくなり、幸せにもなった
僕と僕の大親友たちは
一日中サリー・Jと遊んだ
彼女は四番目の女の子
すぐに僕は彼女に頼んだんだ
僕といい友達になってくださいと
僕と結婚しようよ
いつまでも良い友達でいるために

結婚は成立し
妻と僕は、お互いを必要とした
ほかには、何もいらなかった
友たちは年々
一人、また一人と去って行った
でも僕たちは家の中で、十分満足していた

つましい商売は繁盛し
僕の評判も上がっていった
仕事に、僕の時間のほとんどが取られていった
でも人生の最後に残ったものは
すべての労力を注ぎ込んだ
僕自身の会社だけだった

サリーが僕と別れるなんて
なかなか信じられなかった

年月が過ぎ、人生の終わりに近づいて
僕は、たった独りぼっちになった

今僕は年老いて、パイプをくゆらせている
でもそばには、誰一人いない
僕の狂気の人生を支配した
あの教訓は何だったのだろう
自分のものを大事にして
良い仲間と付き合うということは




関連記事

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

懐かしい…

さりげなく「佳曲」かと…
3分半くらいあったんですね、この曲…
何か2分半くらいの曲だった記憶です。

それにしてもポール・マッカートニーあたりがやりそうな
メロのような気がするなぁ!!

…でなんですが、まさか次はBad Companyの曲などという
ベタな展開じゃないですよね???

それはない!

free bird さんへ

こういった曲がさりげなく入ってるからいいんですよ。
ブライアン・メイはギタリストだけど、このアルバムではアコースティック系の佳曲を書き上げている。
ちょっとライターとしての彼を見直した曲です。
ポールなら、この手の曲はお手のもの。

Good Company e-63 Bad Company

こりゃ、ありえん!(笑)

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報