こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
10位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪ 青空のファンタジア / ピンク・フロイド:1968年作

Point Me At The Sky - Pink Floyd

“ピンク・フロイドの道は・・・
・・・プログレッシヴ・ロックの道なり!”


以上のようなキャッチコピーで1970年に『原子心母 Atom Heart Mother』(オリコン15位)をヒットさせたピンク・フロイド、翌71年に入ってもその勢いは留まるところを知りません! 8月の初来日を挟み、『ピンク・フロイドの道 Relics』(同14位)、『おせっかい Meddle』(同9位)と立て続けにアルバムをヒットさせ、日本での人気を不動のものとします。

そして・・・
初来日から1年にも満たない7ヶ月後の1972年3月に2度目の来日。 今日は、その際、来日記念盤としてリリースされたシングルの紹介です。


青空のファンタジア / ピンク・フロイド
【 Single Data 】
リリース:
1968年12月17日(英国)、1972年3月(日本)


今日ご紹介させていただく曲は、ピンク・フロイドが前年に引き続き来日した際、記念盤としてリリースされた「青空のファンタジア Point Me At The Sky」です。

初来日の記念シングルは、その直前にリリースされたべスト盤『Relics』から、日本受けする「夢に消えるジュリア」を選んだものと思われます。 
しかし、7ヶ月という短いスパーンでの来日とは言え、またまた、同じアルバムからというわけにはいかない。 そこで目に付けたのが、日本で未発表で、しかも、その時点でどのアルバムにも収録されていない「青空のファンタジア」が選ばれた~こんな風に考えるのが妥当かと・・・

本国イギリスで1968年12月17日にシングル・リリースされたこの曲、日本では1972年3月にデビュー曲の「アーノルド・レーン」とのカップリングでリリース、 当時、何度もラジオから流れてきた、とても浮遊感がある不思議な曲です。

Shine On Box Shine on
独特の浮遊感
サイケで独特の浮遊感、タイトルに"Sky"の文字が入っていることからか、何となくビートルズ「Lucy In The Sky With Diamonds」にインスパイアされて出来上がった曲なんじゃないかと勝っ手に思っています(笑)

シングル盤が殆どないピンク・フロイド、僕はこのシングルを持っています。 それだけに懐かしさに満ち溢れている曲なんですが、ピンク・フロイドの数ある曲の中で、恐らくCD音源が最も手に入れにくい曲のひとつ、CD所有している方はごく限られた方のみと思われます。
とうのも日本では1992年に発売された『Shine On』という豪華9枚組ボックス・セットにしか収録されてないんですよね~とほほ・・・ですね!


Point Me At The Sky - Pink Floyd

青空のファンタジア / ピンク・フロイド
ハーイ、ユージン、こちらヘンリー・マクリーン
美しいフライング・マシーンが動きを止めたよ
電話をかけるよ、僕はここから離れるって
君も一緒に飛びたいだろう、隠れちまおう、ベイビー
おかしくないさ、ちょっと変わってしまっただけだ
悲しくないよ、僕らは狂ってるんだから
僕らの知ってるゲームをして涙を流そう
ゲームをしよう、
何千回も、何千回も……

コズミック・グライダーに照準を合わせ
プラスチック・グライダーを引くんだ
導火線が光って、まっすぐ後退していく
彼は叫んだ「これが最後のグッド・バイだ」

僕をあの空へ飛ばして、飛んでるよって囁いてくれ

もしも君が2005年まで生き残っていたら
ひどくやせこけていると願いたいね
もしも太ってしまったら息を吐いてくれ
周りのみんなが息できるように
みんな言論の圧力を受けている
何かちょっと言うのもうんざりだよ
僕は大地を侵食しにスリップ・ダウンする
脳内の小っぽけな避難所で

僕をあの空へ飛ばして、飛んでるよって囁いてくれ

そうして僕たちはみんなで君にさよならを告げる
もう行かなきゃ、バッグを持って走るんだ
さよならだ
誰も泣いちゃいない、さよならだ
壊せ壊せ、さようならだ……

関連記事

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

No title

小生は今でもピンクフロイドの最高傑作は「狂気」ではなくて、「原子心母&おせっかい」だと思っています。来年の最初の名曲紹介は「エコーズ」のポンペイLIVEにする予定でございます。(笑)

ユージン

歌詞に出てくるユージンって
『ウマグマ』に収録されている
「Careful With That Axe, Eugene」の
ユージン?

CD所有している方はごく限られた方のみ

>CD所有している方はごく限られた方のみ

     ということは、John様の自慢話?
     私と一緒だわ(爆)


連休の最終日
明日からの仕事を想像すると頭の中が・・・

「Lucy In The Sky With Diamonds」になってしまうよ


午後からピアノのレッスンです
曲はなんとなんとショパンのノクターン第2番♪
ノックアウトでもノックダウンでも I'm Down でもなく!




No title

ピンクフロイド。
私のお気に入りは、原子心母からは「アランのサイケデリック ブレックファスト」。
この曲がなんだか、映画「エマニエル夫人」とダブるんです。変でしょ(笑
何処に共通点があるのやら、自分にも分らないです。
で、やっぱり1番は「狂気」ですね~。
いまだにアルバム通して聞けるのはスゴイと思います。

Live

ローリングウエストさんへ

どれが最高傑作かはまちまちですね!(笑)
僕にとって『ライブ・アット・ポンペイ』と『狂気』全曲と名曲を網羅した『P.U.L.S.E』のライヴ映像。
この二つが最高です!

B面曲

Polna さんへ

この曲の英国でのB面曲が「ユージン、斧に気をつけろ」のスタジオ盤だから、そのユージンで間違いないと思いますよ。

ブレがない男!

あふがん(アフ子)さんへ

私がその豪華盤を持っていたら・・・
もっと大袈裟に自慢してるよ!(爆)

連休明け・・・
風邪気味なので、今日と明日を休みにしました。

私は身体第一、仕事は二の次!
その点は全くブレがない!(笑)



説明できない感覚

coco爺さんへ

人それぞれ説明できないものってありますよ。
ほんの一部に他の曲との共通点を見い出すと、他の人に理解できないものを感じ取ることってあると思います。

僕はギルバート・オサリバンの「ゲット・ダウン」に井上陽水の「氷の世界」を見い出しました(笑)

ぶっちゃけた話、ピンク・フロイドの作品の中では一番好きな曲。
この曲が現在も、誰でも気軽にCDで聴けない状況なのは、犯罪的でもあります。
フロイドは成功するにつれ、アイデアばかりが先行して、思わせ振りなサウンドで大したことがないように感じてましたが、この「青空のファンタジア」はメロディもよく、上手にプロデュースされた一曲だと思います。

ちなみに、この曲のプロモ・クリップにロジャーが出ていないのは、ニックが操縦する軽飛行機が怖かったのかな?(フォトセッションには四人揃っているのに……)。

残念!

通行人さんへ

本当にこの曲がCDで手に入れにくいのは残念としかいいようがないですね!
初期の作品を完璧なリマスターで発表して貰いたいですね。

それにしても、「エミリーはプレイガール」で懲りたのか、それ以降は素晴らしい邦題が付いてますね(笑)

ピンク・フロイドの楽曲でほかにファニーな邦題というと、「恋の聴診器」「なつかしの友」なんてのもありましたっけ……。

当地は今まで雷雨でした。これから「青空のファンタジア」を聴きつつ、寝ます。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報