こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
8位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪ ロックン・ロール・ラヴ・レター / ベイ・シティ・ローラーズ:1976年作

f190ac03.png

対岸の火事
自分には何の関係もないので、痛くも痒くもないということ。


先だっての英国のスコットランド独立問題・・・
勿論、厳密には多少の影響は出るんでしょうが、“所詮、他人事”極西の島国の大問題も、当初は「大変だなあ」と思う程度で無関心・・・

ところが、もし、スコットランドが独立してしまうと、国旗の中で一番好きな“ユニオンジャック”がトップの写真のようなマヌケなものになってしまう! 「こりゃ、大変だ!」“対岸の火事”として、のんびり構えていられなくなり“スコットランド独立反対派”に~(爆)

お蔭さまで、無事、元のさやに納まってやれやれです。
そんなことで、今日は、独立騒動の際、度々名前が登場したスコットランドの首都エディンバラ出身のバンドのご紹介を・・・

ロックン・ロール・ラブレター / ベイ・シティ・ローラーズ
【 Single Data 】
リリース:1976年3
チャート:米国28位、カナダ6位


エディンバラ出身と云えば・・・
そんなことで今日は、エディンバラ出身の70年代のアイドル、タータンチェックでお馴染みの"Bay City Rollers"を・・・

考えて見たら、この人たち以降、大ムーブメントを巻き起こしたアイドルっていたかな?
もしかして、最後のアイドル・グループなのでは…???
実際にレコーディングの時、自分達で演奏したのかどうかは知らないけど、リード・ヴォーカルは間違いなく上手いですね!

“めちゃ”だから堂々と
今日ご紹介の曲は、彼らの曲の中で一番好きな曲の「ロックン・ロール・ラヴ・レター」~こうゆうアイドル系を“素敵なおじ様”は恥ずかしがって『一番好きな曲』なんて言えないものだけど~

“めちゃ素敵なおじ様”だから、平気なんでしょうな!(爆)

Rock'n Roll Love Letter - Tim Moore


原曲はティム・ムーアというアメリカのシンガーソング・ライターの作品。 アート・ガーファンクルも彼の作品を取り上げるなど、一般的な知名度が高くはありませんが、才能豊かなソング・ライターのようです。 それにしても毎度毎度、"Bay City Rollers"というグループ、上手いところから選曲してくるもんですね!

Bay City Rollers - Rock'n Roll Love Letter

ロックン・ロール・ラヴ・レター
/ ベイ・シティ・ローラーズ

親愛なる恋する詩人のみなさん
僕の涙と愛の言葉は
愛する人と一緒にいたいからあふれ出るんです
僕はこの身体をフル回転させたいんです
だって僕は音楽を作り出す男だから
世の中の平和はアンプが音を出すようにはやってこない

*これは僕から君に送る
ロックン・ロール・ラヴ・レター
そう これは君へのラヴ・レター
さあ 名前を書いて封をして
ポストに入れよう
そして今日
君のもとへ届けよう

親愛なるママとパパ
あなたの息子は元気にやってますよ
彼はおふたりからエネルギーをさずかり
自由に飛び跳ねています
そう 僕は自然のリズムを使い
みんなを引きつける
すごいコードを弾くんです
このジーンズが破けるまで
僕はロックン・ロールを
歌って跳ねまわるんです

文化放送 All Japan Pop 20
【 All Japan Pop 】1976年7月11日付
01.ロックン・ロール・ラブ・レター / ベイ・シティ・ローラーズ
02.心のラヴ・ソング / ポール・マッカートニー&ウイングス
03.マイ・ベスト・フレンド / クイーン
04.一人ぽっちの囁き / オリビア・ニュートン・ジョン
05.恋はドッキリ / スージー・クアトロ
06.見つめあう恋 / カーペンターズ
07.ショー・ミー・ザ・ウェイ / ピーター・フランプトン
08.ドゥ・イット / スリー・ディグリーズ
09.狂気の叫び / キッス
10.ビューティフル・サンデー / ダニエル・ブーン
11.恋のブギー / シルバー・コンベンション
12.風のメルヘン / デイヴ
13.ソウル・ドラキュラ / ホット・ブラッド
14.コーヒーもう一杯 / ボブ・ディラン
15.マネー・ハニー / ベイ・シティ・ローラーズ
16.トゥモロー / デビッド・キャシディ
17.哀愁のヨーロッパ / サンタナ
18.アクション / スイート
19.青春の輝き / カーペンターズ
20.想い出のメロディー / アルバート・ハモンド


関連記事

THEME:洋楽 | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

同年代の男性陣は、ハードロックやプログレなどがお気に入りで、BCRなんて「な~んだ!」とバカにしていた人が多いのでは?しかし私はデビュー当時から好きでした。
特に、イエスタデイズヒーローのアルバムは音楽的な成長がみられて・・・「レッツ・プリテンド」は特にお気に入りの曲です。

私の洋楽への入り口。

まさに私の「アイドル」でした。壁にポスター貼ったり、母に頼んでジーンズの裾にタータンチェックの布を縫い付けてもらったり、LPやカセットを聴いて涙を流したり(この頃、メンバーチェンジがめまぐるしい時でした)。
私もこの曲大好きでしたね。BCRから洋楽を聴き始めたので彼らに感謝です。

中学の頃、放送委員に頼まれて体育のトレーニングの音楽を制作したことがありました。タイムを計りやすくするために、1分ずつ色々な音楽を繋ぎ合わせて作るのです。そのひとつにこの曲を使ったことを思い出しました。チープトリックの「サレンダー」も使ったっけなあ。

スコットランドの独立

会社のロッカールームでちょっとだけ話題になったよ
外国の独立や紛争などが会社で話題になることはまずないことだから
おどろきだった

ベイ・シティ・ローラーズのコピーバンドがジャズフェスに出てた!
メタボ気味のオジサン達で・・・爆




当時はタータンチェックのアイドルがミーハー女性に大ブレイクして「何じゃこいつらチャラチャラして気にくわん」なんて思いながら毎日FENラジオから流れていた数々のヒット曲が完全に体の中に刷り込まれています。結構いい曲が多いんですよね~(苦笑)

We want Rollers !

素敵なオバサンもこの曲が一番好きv-426

一連のシングル

coco爺さんへ

アルバムの曲まで知りませんが、一連のシングルヒット曲は高クオリティのポップスだと思いますよ。

因みに、知らない人がいるかも知れないから・・・
「レッツ・プリテンド」はラズベリーズのカヴァー。
http://youtu.be/c4mrfDh8Cis

功績

コブラさんへ

当時の日本の女の子の洋楽の功績は非常に大きいですよ!
クイーン、チープトリックなどを世界的な人気バンドに押し上げるのに大きく貢献。今現在、アーティストから巨大洋楽市場として無視できない国の地位を確立出来たのも彼女たちの存在が大だったように思います!

ロッカールーム

アイドルを探せさんへ

半裸の女子がスコットランド問題を討議!
流石、先生が勤務する会社だけのことはある。

先生も唾を飛ばして、ユニオンジャック消滅の危機を訴えたんですな!(笑)

選曲

ローリングウエストさんへ

少なくともシングルに関しては、アイドルとしてツボに嵌った選曲をしてますよね。
学生時代、サークルの定期演奏会で彼らの曲を面白おかしく演奏しましたよ。大受けでした(笑)

何れにしても、一時とはいえブームを巻き起こしだけでも大したもんですよ。

メチャと普通

shoppgirl さんへ

女性の場合は普通の素敵なオバ様、男性の場合はメチャ素敵なオジ様。
誰でもあり得るビートルズに比べ、奥の深いアイドル・バンドだ!(爆)

アイドル

アイドル路線だから超人気者になった

アイドル路線でなかったら
もっと男どもの支持を得ていたかも

曲はとにかくめちゃかっこいいから
すこぶる良質のポップンロック

タータンチェック

Polnaさんへ

タータンチェックがちょっとと思うメンバーもいたけど(笑)、結局、それで売るしかなかった!
シングル曲はどれもいいと思うよ。


EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報