こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
8位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪ オウン・ウェイ / フリートウッド・マック:1977年作

Fleetwood Mac

「変身!」
こんなセリフを吐きながら、本郷猛一文字隼人等が変身したのがご存知“仮面ライダー”です。 人間誰しも、自分にないものを求めたりするのはごく正常なこと。 学生時代、コンパの出し物で女子部員のスカートを借り、化粧をして貰い、女装をして大ウケけしたことも・・・(笑) 
ただし、度が過ぎ、外に出歩くようになってしまうと大変ですから程々に~

大変身!
バンドの中には一貫して自分たちのスタイルを貫き通したものもいれば、ビートルズのように自分たちのスタイルを守りつつ次々と新しい音楽を創造し切り開いていったものもいます。

その反面、メンバー・チェンジを繰り返し、その都度、音楽スタイルも変化、気付いて見たら、全く最初と違う雰囲気のバンドになっていたという、こんなグループも多く存在しています。

今日ご紹介するフリートウッド・マックは、渋いブルース・バンドとしてスタートしたにも拘わらず、ギネス記録にも載るような大ヒットアルバムをリリースした頃には、全く別のスタイルのバンドになっていました。
大変身バンドの代表とも云えるのがフリートウッド・マックなんですね!

噂(リマスター&ボーナス・ディスク・エディション)噂(リマスター&ボーナス・ディスク・エディション)
(2010/05/26)
フリートウッド・マック

商品詳細を見る
【 Album Data 】
リリース:
1977年2月4日
チャート:米国1位、英国1位、オリコン33位


フリートウッド・マックの超メガ・ヒットアルバム『噂 Rumours』のリリースをリアルタイムで経験、学生時代の事でした。
そして、卒業式間近の先輩の下宿で聴かせて貰ったのが、サンタナBlack Magic Womanのエントリーの際、お話しした“フリーウッド・マックの原曲”、この時初めて、フリートウッド・マックの劇的な変貌ぶりを知ることになりました。

バラバラの状態で最高のものを・・・
当時のフリートウッド・マックは、ミック・フリートウッド(Dr)」 と、ジョン(Bass)とクリスティン(Key) のマクヴィー夫婦リンジー・バッキンガム(G) &スティーヴィー・ニックス(Vo) のカップルからなる5人編成でした。

オウン・ウェイ / フリートウッド・マック
【 Single Data 】
リリース:
1977年1月
チャート:米国10位


しかし大ヒットアルバム『噂』の制作段階で、既に2組のカップルは破局を迎えており、尚且つ、ミック・フリートウッドも奥さんと離婚~このような最悪の状態でレコーディングが進められました。

緊張感溢れる中で作られたこのアルバムの何処がすごいかといえば、それぞれが、自分の思い、相手への思いをあからさまに詞にしてることです。

今日ご紹介する曲「Go Your Own Way」は、リンジーが彼女のスティーヴィー・ニックスにあてつけで作った曲ということ。 そして、その曲にスティーヴィーがコーラスをつける・・・
考えただけでゾ~~~~っとしますね(笑)

Go Your Own Way - Fleetwood Mac

オウン・ウェイ / フリートウッド・マック
お前を愛することは
しなきゃいけないこと、ってわけではない
僕が感じたこの気持ちを
変えることはできはしないよ

できるなら、
お前に僕の世界をあげたいと思うけれど
お前がどうしても受け取らないなら
僕はお前に与えてやれないんだ

お前は自分の道を進めばいい
自分が決めた道を
寂しい日を過ごすかもしれないぞ
お前は自分の道を進めばいい
自分が決めた道を

理由を教えてくれないか
すべてが変わってしまった理由を
黙って、浮気することが
君のしたいことなんだろ

できるなら、
お前に僕の世界をあげたいと思うけれど
ドアを開けるんだろ
いろんなことがお前を待ち構えているぞ

和訳:ホテル・ジャワタネホさん

関連記事

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

フリートウッドマック

殆ど聴いてこなかったフリートウッドマック

この「オウン・ウェイ」と「リアノン」は好きです

私はスティーヴィーよりも

クリスティン・マクヴィーの方が好きだったとかいうと、すぐ熟女好きとか言われますが(笑)このころのスティーヴィーもたしかすでにアラサーだったんですよね。

クリスティンて、若い頃『イギリスの美脚No.1』に選ばれたって、本当なんですかね?

Rhiannon

Polna さんへ

2曲ともいいねえ~
忘れちゃならないのが、リンジー・バッキンガムのフィンガー・ピッキング(指弾き)のギター。
実にこのサウンドにマッチしている!

キーボードが邪魔した!

エルマーさんへ

クリスティン・マクヴィーは年を重ねて、かえっていい女になったような感じがしますよ。
美脚かどうかは、いつもキーボードに隠れていて判りませんよね(笑)

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報