こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
8位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪ ベイビー.アイ・ラヴ・ユア・ウェイ / ビッグ・マウンテン:1994年作

Baby, I Love Your Way

レゲエと言えば“ジャマイカ”!
ジャマイカと言えば“レゲエ”!


今や、夏の音楽に欠かせないですね!
ところが僕の持ってるアルバムがたまたまそうなのかも知れませんが、当時のジャマイカ産の本場レゲエは音質の面で少々難あり!

ある日、レゲエのリズムに乗って流れて来たのが懐かしいメロディ・・・
「どこかで聴いた事がある曲だ?」と思いよく聴いてみると、1976年のピーター・フランプトンのヒット曲でした・・・

Best of Big MountainBest of Big Mountain
(2008/11/11)
Big Mountain

商品詳細を見る

原曲を超えるヒット!
今日ご紹介するのはアメリカ産のレゲエ・バンド"Big Mountain"が1994年に放ったヒット曲「Baby I Love Your Way」です。

冒頭でもお話しましたが、元々はこの曲、全米1位を獲得したライヴ・アルバムの『Frampton Comes Alive!』(1976年リリース)に収録されたピーター・フランプトンの曲で、シングル(ライヴ)としても全米12位となるヒットを記録しております。

1994年にリリースされた"Big Mountain"のカヴァー・ヴァージョンは、原曲をしのぐ全米6位のヒットとなりました。

Billboard Logo
【 Billboard Hot 100 】1994年5月14日付
01.Sign / Ace Of Base
02.Bump 'N' Grind / R. Kelly
03.Most Beautiful Girl In The World / Prince
04.I'll Remember / Madonna
05.Return To Innocence / Enigma
06.Baby I Love Your Way / Big Mountain
07.Mmm Mmm Mmm Mmm / Crash Test Dummies
08.I Swear / All-4-One
09.Without You / Mariah Carey
10.I'm Ready / Tevin Campbell

ステレオ感満点!
今日ご紹介する"Big Mountain"や以前ご紹介した"UB40"は、“商業的”といった声もありますが、そのサウンドは抜群のステレオ感があり、僕自身は、音質が劣ることが多い本場のレゲエより、ずっと心地よく聴けます。

前者はアメリカのバンド、後者は英国のバンドという違いこそあれ、これからの季節に持って来いのバンドですね!

Baby,  I Love Your Way - Big Mountain

ベイビー、アイ・ラヴ・ユア・ウェイ
/ ビッグ・マウンテン

Ooh baby 君の愛し方が大好き、毎日ね
Ooh baby 君の愛し方が大好き、毎日ね

目の前でみるみる影が長くなり
開いた本のページの上を移動する
突然、昼は夜へと変わっていった
街から遠く離れた場所で
でも、oh no、ためらわないで
君の愛は待てないから

Ooh baby、君の愛し方が大好きだよ
毎日、君の愛し方が大好きだって伝えたい
毎日、一日中ずっと一緒にいたいんだ

夜空を照らすために出てきた月を
飛び交うホタルが手伝うよ
ホタルはどうして光るんだろう
ピカ、ピカ、ピカって
松の木の下で光っているのが見える

Ooh baby、君の愛し方が大好きだよ
毎日、君の愛し方が大好きだって伝えたい
毎日、一日中ずっと一緒にいたいんだ

ブラウンやグレイやブルーが混じった夕焼けが君の瞳に映ってる
雲が“太陽の島々”の上空を埋め始めている
季節はずれのその島の1つを買うことができればいいのに
ためらってはいけないよ
だって君の愛は待ってなんかいられないのだから

Ooh baby、君の愛し方が大好きだよ
毎日、君の愛し方が大好きだって伝えたい
毎日、一日中ずっと一緒にいたいんだ

Ooh baby、君の愛し方が大好きだよ
毎日、君の愛し方が大好きだって伝えたい
毎日、一日中ずっと一緒にいたいんだ



THEME:洋楽 | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

レゲーと言えばボブ・マーリー

>C3POとベーダーは偶然でしょうが、全く遭遇してないんですよ。

それが一度会っている可能性があるんです。雲の惑星べスピンでR2-D2の音と思ってC3-POが入り込んだ部屋でバラバラにされてしまいました。まだその時はストームトルーパーだけだったのかも知れませんが。

>オー・チン・チン

ダークダックスが歌っているのも聞いたことがあります。

>チェイスの曲はどこまで行っても「黒い炎」、T.レックスの曲は誰が何と言おうと「ゲット・イット・オン」

この道はどこまでも続きます。今でも。

>そこに数人で押しかけて「♪テケテケテケテケテケやってよ!」と要求、ニイチャン達は迷惑そうな顔をしながら、♪テケテケテケテケテケ・・・
>「おぉぉ~~~」と喜ぶと満更でもない様子

これだけは誰にも真似が出来ましたから。当時エレキギターを持つと最初にやりました。

>T.レックスの曲の中でも、最もインパクトがある曲「Metal Guru」です

特にサビが強烈です。

>何れにしても、ボランの詞は意味不明のものが多過ぎる!
>あまり深く考えないで、気楽に行こうよってことなのかな

思うに詞などどうでもよく、多分声も楽器のひとつではなかったのでしょうか?

>スージー・クアトロ

私にはスージー・クアトロ=黒いジャンプスーツ

です。

>母と子の絆 / ポール・サイモン

当然買いました。

>筒美京平

この人は実にいい曲を作るなあ。当時よくそう思っていました。

>日本は、彼の事を“バラードもロックもイケるアーティストである”と、最も正当に評価をしている国のひとつのようで

日本人の見る目は確かという事もありますが、言葉がストレートに分からないため曲想から見抜く部分がある様に思います。

>ドーバー海峡
>もう一歩が踏み出せないでいる自分を、横断を試みようと来たものの、踏ん切りがつかず

清水の舞台から飛び降りると同じ意味合いでしょうか?

>レゲー

どうもジャマイカの路地裏かでやっていた曲というイメージが強く、それを全米のコマーシャルベースにマッチさせるのが難しかったのではと思います。

太陽は苦手なの?

一瞬ですが
アバのサマーナイト・シティの歌詞が浮かんできた

違うな!
For You Blue だ (笑)



まとめ

マスPさんへ

・C3POとベーダーがバッティングする可能性があったのが確かに雲の惑星べスピンですが、いきなりバラバラにされていますので、その場にベーダ―が居合わせたとしても、人型アンドロイドは皆同じですから分らなかったのでは・・・

・「オー・チン・チン」は歌は覚えてますが、誰が歌ってたんんて忘れてました(笑)

・確かに、線路は続くよどこまでもですね!(笑)

・義兄が自分の息子にテケテケテケをリクエストをしてるのを見たことがあります。

・この曲がT.Rexの中で一番煌びやかな曲であることは間違いないと思います。

・確かに、詞など気にすることもなかった!
わたしゃあ、ブログをやるようになってからですよ(笑)

・確かに黒のレザーのイメージしかない!

・「母と子の絆」はアルバムで買いましたから、流行った時からしばらく経ってからでした。

・郷ひろみの「よろしく哀愁」なんてのも、よく出来た曲ですね。

・エリック・カルメンのアルバムは外れなし。そして、日本人の過去に実績のあるアーティストに対し、敬意を払うという特性が素直な結果となってあらわれたんでしょうね!

・「ドーバーの白い崖に沿って進むように さまよい 途方にくれる」という部分は「清水の舞台に立ち飛びよりようとしたけど、あまりの高さに足がすくんでしまった」ということなんでしょう!(笑)

・レゲエはよりロックと融合されたことによって、路地裏から表通りに躍り出たということなんでしょう!





対極にある曲は・・・

アグネッタ&フリーダさんへ

この曲はお月さんの下、蛍がピカピカ!
対極にある曲は・・・
待ち焦がれた太陽が現れる「Here Comes the Sun 」で決まりだね!

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報