こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 03
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
58位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
13位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪ ハッピー・クリスマス(戦争は終った) / ジョン&ヨーコ・オノ・レノン・ウィズ・ハーレム・コミュニティ合唱団 ~ 戦争は終わる、君が望むなら

WAR IS OVER! IF YOU WANT IT

ありふれたものでない、永遠に残る・・・
意味のあるクリスマス・ソングを作りたい!


今日はジョン・レノンが、反戦の祈りを込めて作り上げたクリスマス・ソングの紹介です。



WAR IS OVER!
IF YOU WANT IT

今日ご紹介するのは、クリスマス・ソングであり、反戦歌としても有名なジョン・レノン「ハッピー・クリスマス(戦争は終わった) Happy Xmas(War Is Over)」です。
リリースされたのは、今から40年以上前の1971年のことで、アルバム『イマジン』を発表した直後のことで、この時期、ジョンの曲の中でも平和を願うメッセージ色の強いナンバーが相次いで発表されました。

ベトナム戦争の終結を願って作られ、
「戦争は終わる 君が望むなら」
非常に判り易く、インパクトのある見事なキャッチフレーズ!

ハッピー・クリスマス(戦争は終った) / ジョン・レノン」
【 Single Data 】
リリース:1971年12月1日(米国)、12月10日(日本)、1972年11月24日(英国)
チャート:オリコン30位、英国2位


えっ?もう出るの!
日本でリリースされたのは、「Imagine」がリリースされてから、丁度1ヶ月目にあたります。ジョンの新曲という紹介でラジオから流れて来たこの曲を聴いた時、「わあ~もう新曲が出た!」と凄く嬉しかったことをよく覚えてます。

平和の祈りが込められたこの2曲は、「Imagine」が1971年11月10日(日本)、「Happy Xmas(War Is Over)」が同年12月10日(日本)という短いインターバルでリリースされました。
あれから40年以上も経っても頻繁に流れて来る、これから先、100年経っても同じように流れて来るでしょう・・・
永遠に歌い継がれて行くであろうこういった曲を立て続けにリリースしてしまう辺りが、ジョン・レノンの底知れぬところなんでしょうね!

この2つの名曲は相反してしまうのだ!panda_1.gif
さて、冒頭に書いてあるように、ジョンはこの曲を“永遠に残る、意味のあるクリスマス・ソング”ということで作り上げました。
一方、「Imagine」では、領土も宗教もなく、それに伴う紛争もない平和な世界を想像しました。
しかし、この紛争もない平和な世界が実現すると、「Happy Xmas(War Is Over)」が永遠のものでなくなってしまう!(笑)
あくまでも、このジョンのクリスマス・ソングは、紛争が残っている世界を前提に書かれたものだから・・・

こうゆうのを“重箱の隅を突っつく”というんでしょうな!(爆)

何れにしても、静かな中にも強烈なメッセージ性を帯びた名曲を約1ヶ月の間に連発させたジョン・レノン、やはりカリスマ性という面で他を寄せ付けないものを持った人であることを感じさせられますね。

Happy X.mas(War Is Over) - John Lennon & Yoko Ono

ハッピー・クリスマス
/ ジョン・レノン&ヨーコ・オノ

今宵はクリスマス
どんな年だった?
一年が過ぎゆき
また新しい一年が始まる
それがクリスマス
皆 楽しんでるといいな
近しい人 大切な人
老いも 若きも

メリー・クリスマス
そしてハッピー・ニュー・イヤー
良い年であることを祈ろう
なんのためらいもなく

今宵はクリスマス
弱い人や 強い人にも
金持ちや 貧しい人にも
世の中間違いだらけだけど
ともかく ハッピー・クリスマス
肌の黒い人や 白い人にも
黄色い人や 赤い人にも
さあ 争いは止めよう

メリー・クリスマス
そしてハッピー・ニュー・イヤー
良い年であることを祈ろう
なんのためらいもなく

今宵はクリスマス
どんな年だったかな?
一年が過ぎゆき
また新しい一年が始まる
それがクリスマス
皆 楽しんでるといいな
近しい人 大切な人
老いも 若きも

メリー・クリスマス
そしてハッピー・ニュー・イヤー
良い年であることを祈ろう
なんのためらいもなく
戦争は終わる 君が望むなら
戦争は終わりにできる・・

ハッピー・クリスマス

和詞:Senri's Tapestryさん

文化放送 All Japan Pop 20
【 All Japan Pop 20 】1972年1月10日付
01.マミー・ブルー / ポップ・トップス
02.イマジン / ジョン・レノン
03.スーパースター / カーペンターズ
04.悲しきジプシー / シェール
05.気になる女の子 / メッセンジャーズ
06.スィート・キャロラィン / ニール・ダイアモンド
07.イエス・イッツ・ミー / エルトン・ジョン
08.愛の願い / ミッシェル・ポルナレフ
09.クエスチョンズ67/68 / シカゴ
10.恋は二人のハーモニー / グラス・ルーツ
11.オールド・ファッションド・ラヴ・ソング / スリー・ドッグ・ナイト
12.ラヴ / レターメン
13.黒い炎 / チェイス
14.シェリーに口づけ / ミッシェル・ポルナレフ
15.アメリカ・アメリカ / スピナッチ
16.白い想い出 / ジョーン・シェパード
17.愛のストーリー / ムーディー・ブルース
18.ハッピー・クリスマス / ジョン&ヨーコ
19.新しい世界 / サンタナ
20.青春に乾杯 / ミッシェル・デルペッシュ

note
「Imagine」がヒットしている中、丁度1ヶ月遅れでリリースされた「Happy X-mas(War Is Over)」がチャートインして来ました。更に、当時、ラジオの新譜紹介のCMで『ジョン・レノンの名曲をレターメンが』というナレーションで頻繁に流れていたレターメン「Love」(12位)もヒット・・・
まさに、当時のジョンの勢いを象徴するようなチャートですね!

この記事は、毎年、クリスマスに繰り返し投稿されます。


関連記事

THEME:The Beatles(ビートルズ) | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

ジョン・レノン自身、1980年のインタビューで「ずっと再発売が繰り返されるといいな」と語った、正にクリスマス・ソングの名曲。
この曲の誕生のきっかけは、ジョージ・ハリスン作詞作曲、フィル・スペクター制作、ロニー・スペクターが歌ったアップル・レコードのシングル盤「トライ・サム・バイ・サム」。いささかオーヴァー・プロデュースと思えるほどの、この曲のウォール・オブ・サウンドに、ジョンは「君がジョージのシングルでやったような事を、僕らにもやってみせろよ」と、フィルに言ったことで、レコーディングが開始されてます。
ただしジョンとヨーコ・オノは、フィルがやり過ぎないように手綱は引いていたとか。「そうしないと千個のカスターネットが来ちまう」(ジョン)。ちなみにこの曲に参加したヒュー・マクラッケンは、同年の71年発表の、ポール・マッカートニー「ラム」の録音にも参加していますね。



シングルB面は、ヨーコの「ほら、聞いてごらん、雪が降っているよ」で、ジョン曰く、「ヨーコの最高傑作の一つ」。本来、雪が降る音はしないのだが、その雪が降る音を聴く、というのは、ジョンも「イマジン」でインスパイアされた、ヨーコ自身の著書「グレープフルーツ」からの引用であります。

重箱はないな!

ジョンは日本人じゃないからきっと重箱はないよね?
ケーキ皿の端っこでもつついたのかもよ(爆)

間違いなく良い曲だ!
あいつの声がなかったらもっと良い曲になったのにね!

こちらも毎年おなじコメントをくり返します

千個のカスターネット

通行人さんへ

中々、的を得た例えですね(笑)
『ジョンの魂』のプロデューサーにフィル・スペクターの名前も連なっているものの、リンゴ曰く「録音時にフィルがいたことは無い」とのこと。いなくてよかった!(笑)

ただ、仮にいたとしても、3名のミュージシャンの気迫あるプレイの前には、お得意の“ウォール・オブ・サウンド”の出る幕はないと感じたのでは・・・



間違ってるよ

グレートブリテンさんへ

先生、勘違いしてるよ!
重箱の隅を突っついたのは、ジョンじゃなくワシ
ワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪

フランス系ジャパニーズだから、クイニー・アマンの隅を突っついたということにしておいて下され!(爆)



EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報