こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 03
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
58位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
13位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪サヴォイ・トラッフル / ザ・ビートルズ:1968年作 ~ チョコレート好きのギターの神様は歯痛で悩まされていた!

Savoy Truffle - The Beatles

親密度が増していくジョージとクラプトン
1968年9月6日の「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」のセッションを経て、更に絆を深めていったジョージ・ハリスンとエリック・クラプトン~それから間もなくクラプトンは、ジョージの家から車で数分の場所に居を移します。

互いの家を往き来しての家族ぐるみのお付き合いは、ミュージシャンとしてだけでなく、プライベートに於いても信頼関係が深まって行きます。

このような親密な付き合いが、やがてクラプトンのパティへの許されない思慕へと繋がり、それがやがて、ロック史に残る“三角関係”に・・・
そして、名曲いとしのレイラを生み出すことになったのはあまりに有名です。

さて、今日もこの二人の新密度を端的に表す曲の紹介です。




ギターの神様はチョコレートなど、甘い物が大好物だったようです!

当時のクラプトンは甘党の宿命なのか、歯痛に悩まされておりました。
しかし、ジョージの家を訪ねたエリック・クラプトン、パティへのお土産なのか、大好物のチョコレートを持参~歯痛だから、止めとけばいいのにチョコレートをモグモグ・・・

そのクラプトンが忘れていったチョコレートを見て、ジョージが書き上げた曲というのが、『ホワイト・アルバム The Beatles』に収録されている「Savoy Truffle 」です。
歌詞の中にも、幾つかのチョコレートの名前が出て来るなど、チョコレートの食べ過ぎ(?)で、歯痛で苦しむクラプトンを、ジョージがからかって作ったのがこの曲・・・

当時のジョージとクラプトンの親密な関係が伺い知れますね!

Savoy Truffle - The Beatles

サヴォイ・トラッフル / ザ・ビートルズ
クレーム・タンジェリンにモンテリマ
ハート型のパイナップルを添えたジンジャー・スリング
コーヒー・デザートか・・・・うん なかなかいいね
でも サヴォイのトリュフを食べたら
ほかのものは受けつけなくなっちゃうよ

冷たいチェリー・クリームにおいしいアップル・タルト
離れていたっておまえの味は忘れない
ココナッツ・ファッジは憂さを吹き飛ばしてくれるんだ
でも サヴォイのトリュフを食べたら
ほかのものは受けつけなくなっちゃうよ

今は感じないかもしれないけど
やがて激しい不安に駆られたら
いやでもわかるだろう
イライラして堪えがたい気分になり
それがどんどん高じると
君はついに大声で叫ぶのさ

食べものを見れば君がどんな人間かわかる
だけど 甘いものもいつかは腐ってしまう
オブラディ・ブラダのことは誰でも知ってるが
それにしても君はどこでどうしてるんだい

クレーム・タンジェリンにモンテリマ
ハート型のパイナップルを添えたジンジャー・スリング
コーヒー・デザートか・・・・うん なかなかいいね
でも サヴォイのトリュフを食べたら
ほかのものは受けつけなくなっちゃうよ
そう サヴォイのトリュフを食べたら
ほかのものは受けつけなくなっちゃうよ


関連記事

THEME:なんてったってビートルズ! | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

サヴォイ・トラッフル

ジョージのビートルズ・ナンバーの中でもかなり好きな曲ですが、そういう状況でのチョコの歌とは知らなかった。

モトカノが遊びに来て
「久々だから(シテも)いいよ」と言ったことを思い出した。

この曲で何故? と問われても思い出してしまったものは仕方ない(笑)

シテもいい

Polna さんへ

この曲で何故?
と聞かないわけにはいかない、“Polの不思議ワールド”(笑)
それにしても、大そうなブラスも入ってる事だし、誰もチョコの歌なんて思いもしないよね!



アタシは大丈夫

あれだけのチョコ食べたってアタシなら虫歯にならない!
自信あるもんね

虫歯以前の問題でアタシは「お腹こわす」

それにエリックより理性的だから頭で考えて食べます・・・爆


スイーツ食べ放題

本物のパティさんへ

昔、ハワイに行った時、日本のオバチャンがビュッフェ形式のホテルのレストランで他の食べ物に目もくれず、ケーキを山盛り皿に盛りつけているのを見ました。 大して美味しそうに見えないケーキをよくあれだけ食べようと出来るなあと感心(笑)

ケーキやチョコレートは程々の量がいいよね♪




ジョージ・ハリスンが1978年に出した自著「アイ・ミー・マイン」には、このサボイ・トラッフルが入ったチョコレート・セットの写真が載っています(白黒写真だけど)。ただし販売元では、とっくに商品製造を打ち切っているらしく、幻の味?になっているそうですが。


ギタリストの間では、この曲でのポール・マッカートニーのベース・プレイを「ベース奏者冥利に尽きるカッコいい演奏だ」と、高く評価されています。ポールはジョージの曲だと、妙に演奏をハッスルすると言われていますが、その代表曲の一つでしょう。


「僕は少しでもジョージの曲を良くしようと頑張ってるのに、あいつはやり過ぎだって文句を言うんだぜ!!」(ポール・マッカートニー)
なんか意味深なコメントですね(笑)。

No title

通行人さんへ

ジョージの曲では、ポールが張り切る・・・
これは全くその通りですね(笑)
逆にジョンの色は全く見えない!

殆ど全ての曲に当てはまるのでは・・・

ジョンは楽器に対しての執着はあまりなかったのではないでしょうか?
殆ど丸投げ状態(笑)






EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報