こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
10位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪悲しい女 / ボブ・ウェルチ:1977年作

Sentimental Lady - Bob Welch

万丈の気を吐く
意気が盛んであるところを見せること。


自分が脱退した後にかつて在籍していたバンドは大ブレイク・・・

誰しもこんな時は凹むもの・・・
恐らく彼も大なり小なりそうだったでしょう!

しかし、彼はめげてばかりじゃなかった!
今日ご紹介するのは、元フリーウッド・マックのメンバーだったボブ・ウェルチ「俺が在籍中のマックもこんなに素晴らしい曲をやっていたんだ!」と云わんばかりに、セルフカヴァー・ヒットさせたセンチメンタルな名曲を1曲。

悲しい女 / ボブ・ウェルチ
【 Sngle Data 】
リリース:
1977年
チャート:米国8位


今日ご紹介する曲は、彼の大ヒット作『French Kiss』より、「悲しい女 Sentimental Lady」を・・・

ブリティッシュ・ブルースが・・・
フリートウッド・マックというバンドは、元々、ガチガチのブリティッシュ・ブルースのバンドで、その後、ポップ系のサウンドに大転換したことが、その後の大ブレークに結び付いて行くことになります。

ポップでアメリカナイズされたロックへ
このようなバンドのサウンドが方向転換する中、ブルース指向の強いピーター・グリーンが脱退、その後、加入したのがこのボブ・ウェルチでした。
彼の加入で、フリートウッド・マックは、益々、よりポップでアメリカナイズされたロック色が強まっていき、その後に起きる、“大ブレイク”するサウンド形態に近づいて行きます・・・

彼の在籍中、既にフリートウッド・マックは、秀作と云ってよいアルバムを何枚もリリースしており、全米ツアーも行うなど、アメリカへの足がかりも付けておりました。



今日ご紹介するこの「Sentimental Lady」は、彼の"Fleetwood Mac"時代の曲で、1972年にリリースされた『枯れ木 Bare Trees』に収録されたものをセルフカヴァーしたものす。

感傷的で優しい風が、また僕の人生に吹いてくる
センチメンタルなレディ、優しい人


チェンバロの美しい調べで始まるこのカヴァー・ヴァージョン、ちょっと頼りなげなボブ・ウェルチのヴォーカルが、センチメンタルな曲調に実にマッチ、この曲の途中の歌詞をカットして、コンパクトにしております。

French Kiss
【 Album Data 】
リリース:
1977年9月16日
チャート:米国12位


意地の一発!
自分が出た後に、大ブレイクした"Fleetwood Mac"
その時代の曲をカヴァー・ヒットさせたことにより、ほんの少しは溜飲を下げたかも・・・
「俺がいた頃も、素晴らしいバンドだったんだ!」
このような心の叫びが聞えて来そうですね!

嘗ての仲間、フリートウッド・マッククリスティン・マクヴィーがコーラス参加、マック時代は全くカスリもしなかった曲でしたがカヴァーは全米8位のヒットに・・・


Sentimental Lady - Bob Welch

センチメンタル・レディ / ボブ・ウェルチ
君はここに居る そして僕を暖めようとしている
でも僕は(真実から)視線をそらしてしまい
君はまた居なくなった
僕たちが生きている 今 この時
”生きてく“意味など破片(はへん)のようにバラバラになる
そんな時代 訳もなく遠くへ旅立って思った事は
やはりこんな人生だから 君といっしょに過ごしたいと思った

僕が望んだ事を全て言葉にして伝えたい
君といっしょに居ると頭の中に想いが駆け巡る
14の喜びと何にも優る想い
僕らの交わす言葉ひとつひとつが最高のもの

感傷的なやさしい風
また僕の人生に吹き抜けてゆく
感傷的な女性 ただひとりの人 (貴方こそ必要な人)

今、この時 君はここに居る
でも何か少し気持ちのズレを感じている
僕たちが生きている今 この時
絵画に喩えたなら何の色も言葉も感じない そんな時代
訳もなく遠くに旅たって思った事は
やはりこんな人生だから 君といっしょに過ごしたいと思った

僕が望んだ事を全て言葉にして伝えたい
君といっしょに居ると頭の中に想いが駆け巡る
14の喜びと何にも優る想い
僕らの交わす言葉ひとつひとつが最高のもの

君はここに居る そして僕を暖めようとしている
でも僕は(真実から)視線をそらしてしまい
君はまた居なくなった
僕たちが生きている 今 この時
”生きてく“意味など破片(はへん)のようにバラバラになる
そんな時代 訳もなく遠くへ旅立って思った事は
やはりこんな人生だから 君といっしょに過ごしたいと思った。

感傷的なやさしい風
また僕の人生に吹き抜けてゆく
感傷的な女性 ただひとりの人  (貴方こそ必要な人)

感傷的なやさしい風
また僕の人生に吹き抜けてゆく
感傷的な女性 ただひとりの人  (貴方こそ必要な人)

そうさ感傷的なやさしい風
また僕の人生に吹き抜けてゆく
感傷的な女性 ただひとりの人  (貴方こそ必要な人)

和訳:yasushi haruno さん


関連記事

THEME:洋楽 | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

大好きでした!LP持ってました。
ボブ・ウェルチを初めて知ったのは多分この曲だったと思います。
本当にきれいな曲だと思った。でもまさか自殺してしまうとは思いもしなかった。

フレンチキス

とにかく「エボニーアイズ」が好きで好きで
そのためだけにアルバム買いました

フリートウッドマックのアルバムは1枚も持っていないけど
『噂』くらいは聴いておくべきだろうか

ロマンチック

コブラさんへ

切なげでロマンチックな曲ですね。
ボブ・ウェルチ、見た目はあんなんでマッチしませんが・・・

彼が自殺したのは、不治の病にかかって、生きていたら奥さんに迷惑がかかってしまうから、そうゆう選択をした・・・
こんな話を読んだ記憶があります。

損はない

Polna さんへ

フリートウッド・マックの絶頂期に出ましたから、その流れで買いました。

マックは3人のそれぞれ個性的なライターがいましたからいいですよ!
『噂』は買って損はないよ!

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報