こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
10位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪愛が過ぎて行く / オーリアンズ:1975年作

Time Passes On - Orleans

Synergy “相乗効果”
ある要素が他の要素と合わさる事によって単体で得られる以上の結果を上げること。


今日はアコースティックの名曲の後、印象の違う同系のものを並べることによって、更にその美しさを際立たせることに成功したオーリアンズノスタルジックなバラードを・・・

今日ご紹介する曲は、アコースティックの名曲「Dance With Me」に続いて、というより正に“澱みなく続く”という繋ぎの言葉がピッタシな「愛が過ぎて行く Time Passes On」です。

 歌こそすべて
【 Album Data 】
リリース:
1975年3月
チャート:米国55位


「Dance With Me」のヒットで、すっかりソフト・ロック・バンドというイメージになったオーリアンズ、この後に続く「Time Passes On」の存在で、更にそのイメージが確固たるものになっています。
アコースティックの美しいメロディの曲が複数ある場合、通常はその曲の収録順を隣り合わせにすることは殆ど見かけません。
ところがこのアルバムでは他にファンキー色R&B色の曲が多数あるにも係わらず、敢えてアコースティック色そのものズバリの2曲を並べた・・・

一見、“変化に乏しくなるのでは?”とか“続くことで互いの良さが相殺されるのでは?”等、マイナス要因になってしまうことが考えられます。

しかし、この並びが実にいい!

まるでひとつの物語のように聴く者の心を包み込むんですね。
それもこれも、この二つの曲が同じような美しいメロディを持ったアコースティック・ナンバーでありながら、受ける印象が全く違うからなんでしょうね。

「Dance With Me」“お洒落”
「Time Passes On」“ノスタルジー感”


互いの存在が並べることによって、更に引き立っている・・・
圧倒的に有名なのは「Dance With Me」に譲るものの、その稀に見るノスタルジー感でその存在の大きさを醸し出している「Time Passes On」
ファンから根強い人気があるのも納得できます。

Time Passes On - Orleans

愛が過ぎて行く / オーリアンズ
時は過ぎて行く
常に流れ続ける河のように
君は去ってしまった
でもいつの日か僕はきっと取り戻す
今まで君に捧げた愛まで
奪い去ることは出来ないさ
捕まえる必要なんてないさ
君は僕の思い出の中にいるんだから

人生は続いて行く
決して終わりのない歌のようだ
僕は歌おう
決して満たされることのない空しさの為に
君の顔を目の前のに思い出すのに
写真はいらない
僕らは再び触れ合うことはないかも知れないが
君はこのメロディの中にいる

これからも何も変わることはない
君は僕の心に面影を残して行った
時には対立の火花だけが
もっとも心に残ることもあると思う
でも僕を想うことがあったなら
仲良かった時のことだけを思い出して欲しい

時は過ぎて行く
常に流れ続ける河のように
君は去ってしまった
でもいつの日か僕はきっと取り戻す
今まで君に捧げた愛まで
奪い去ることは出来ないさ
捕まえる必要なんてないさ
君は僕の思い出の中にいるんだから


関連記事

THEME:洋楽 | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報