こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
9位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪ショウ・マスト・ゴー・オン / スリー・ドッグ・ナイト:1974年作

The Show Must Go On - Three Dog Night

顔で笑って心で泣いて
苦しいことも悲しいことも、すべて胸の中に秘め、何食わぬ顔で舞台に立つ道化師ピエロ、そのユニークな動きや表情で観客を笑わせながら、何故か悲しみを漂わせている・・・

幼き頃、父親に連れて行ってもらった“木下サーカス”。 その詳細は覚えてませんが、何故か子供の時、発熱すると必ずサーカスの場面が出て来て、球体の内側を走り周るオートバイの夢を見ました。 不思議なもので、これを実際にサーカスで見たかどうかは憶えてないんです???
何れにしても、“夢に出てくる”という、それだけもサーカスの世界が独特の雰囲気を醸し出している証拠なんでしょうね!

そしてサーカスと云えば・・・



このチェコの作曲家"Julius Fucik"の1897年作「Entrance of the Gladiators 剣闘士の入場」のメロディが頭の中を過ります。

今日は、サーカスで有名なこの曲をモチーフに作られた曲の紹介です。


 

今日ご紹介するのは、70年代初頭に数々のカヴァー・ヒットを生み出して行ったスリー・ドッグ・ナイトの1974年のヒット曲「The Show Must Go On」です。
このグループ、“多数の候補曲の中から厳選したものを抜群のセンスを持ってしてアレンジする”~言葉悪く言えば“他人の褌で相撲を取る”というタイプ。
この曲では、レオ・セイヤーの褌を借りました・・・(笑)

The Show Must Go On - Leo Sayer


観客をその動作や表情で笑わせるピエロ、それでいて当人の心の中は悲しみに満ちている・・・
こういった道化師の悲壮が描かれているのが、はるかなる想いのヒットでお馴染みのレオ・セイヤー作の「ショウ・マスト・ゴー・オン(当時の邦題:“道化師の孤独”)」です。 
サーカスなどで使われるチェコの作曲家ユリウス・フチークの1897年作の「Entrance of the Gladiators」をモチーフにして作られたこの曲、1973年にシングル・リリースされると英国で2位となる大ヒットとなりました。

ショウ・マスト・ゴー・オン / スリー・ドッグ・ナイト
【 Single Data 】
リリース:
1974年2月
チャート:米国4位


その翌年1974年にカヴァー・ヒットさせたのがスリー・ドッグ・ナイトでした。
絶妙なコーラスワークとアレンジで、他のオリジナル曲で勝負するアーティストと渡りあった彼ら、ここでも、素晴らしい曲に仕上げております。
彼らは、レオ・セイヤーの原曲にプラスして、ユリウス・フチーク「剣闘士の入場」の一部をそのままイントロや間奏に組み入れた「お見事!」と云わざる得ないアレンジですね♪
元々、レオ・セイヤーユリウス・フチークの作品を元に曲を作っただけに、その二つの曲を繋ぎ合わせたものは相性もバッチリ!
この曲を聴いていただければスリー・ドッグ・ナイトというバンドのセンスの良さが分かっていただけるかと思います。

The Show Must Go On - Three Dog Night

ショウ・マスト・ゴー・オン
/ スリー・ドッグ・ナイト

ねえ この寂しい生き方を
選んだのは俺
だけど今 とても苦しいんだ
乱暴なやつも
葉巻を吸い でかい車に乗って来る
すべての野郎が俺を見て嘲り笑う

俺は好きなように扱われてきた
俺は愚か者だった
あらゆるルールを破った
だけど このショウは続けなきゃならない

そう 凄い数の聴衆が
俺が血を流すのを
楽しみにしてるんだ
この劇場の壁を
連中がぶち壊してくれないものかな
俺を出してくれ ここを逃げ出したいんだ

何も見えない 何もわからない
時間を無駄にしてしまった
すっかり浪費してしまった
この危険な綱渡りで
それなのに ショウを止めるわけにはいかない

何も見えない 何もわからない
時間を無駄にしてしまった
あまりに長いあいだ
この危険な綱渡りで
それなのに ショウを止めるわけにはいかない

ねえ 俺を逃がしちゃくれないか


関連記事

THEME:洋楽 | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

木下サーカス

僕も小さいころ父に連れられて木下サーカスを見に行きました。 やっぱり覚えているのは球体の中をグルグル走り回るオートバイで、なぜか暗くて怖いイメージだけが残ってしまいました。 『ショウ・マスト・ゴー・オン』いい曲ですね。

ありがとう

スリー・ドッグ・ナイト 久しく聴いてなかった
なつかしいですね
私はアルバム持ってないので図書館に今、予約しちゃいました
便利なネット予約でしかもタダ!

3年ほど前のジャズフェスティバルで
「一撃さん」のバンドがトライ・ア・リトル・テンダネスを演奏してて感動した記憶があります

ありがとうございました、ホッとしました

music70s さんへ

やっぱり、暗くて怖いイメージのオートバイってのはあったんですね!
以前、YouTubeで観たらキラキラ光る銀色の球体の中でやってました。こんなんじゃなかったと、自分の記憶に自信が持てなくなっていました。 これで前世からのデジャヴじゃないと判ってホッとしました(笑)


つまらんオリジナルはいらない!

アフ子さんへ

作曲能力がないバンドは、無理してつまらんオリジナルに拘るより、自分たちの演奏技術を磨いて、自分たちに合った曲をカヴァーした方がいいといつも思ってます。
その点、スリードッグナイトは上手い路線で活動したよね。
でも、アレンジだけでなく、作曲能力も抜群だったカーペンターズには敵わない・・・
こんなところが現状の知名度に大きな差が出ていますな。

宮城の図書館ってCDの貸し出しもあるんだよね・・・
こっちでもやってるんだろうか?

show Must Go On

レオ・セイヤー好きだったので彼に軍配あげたいけど
どちらが好みかいつも迷ったのは
それだけ3Dog Nightの出来栄えがいいってことだね

Show Must Go On
みっしぇるのも、Queenのも好き

サーカス

Polna さんへ

“孤独な道化師”という意味では、何となくこの曲の内容にあってるのはレオ・セイヤーのような気がする・・・
でも、エンターテイメントとしての完成度はスリードッグナイトの方が優れてるような気がします。

表の顔と相反する心の中・・・
この二つを持ち合わせる道化師は、名曲になりうる要素がありますね!

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報