こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
8位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪想い出(メモリー) / シルバー:1976年作

Memory - Silver

News hook 話題性
新人バンドがデビューするにあたり、絶対に欲しいのが“話題性”。 一人でも実績抜群のキャリアを持ったメンバーがいるだけで、全くそういった者がいないバンドとは、スタートの時点で雲伝の差が付いています。
1970年代はこういった“メンバーの中に元◎●にいた誰それがいる”といった新人バンド数多くデビューしました。 中にはメンバー全員がキャリア満点で、もう新人バンドと、とても表現するに片腹痛い集団も・・・

今日ご紹介するシルバーも、これらとは弱冠違った意味ですが“話題性”がありました。


 シルヴァー・ファースト
【 Album Data 】
リリース:
1976年
チャート:米国142位


有名人の弟が在籍
シルバーが他の新人バンドに比べ、多少なりとも有利だったのは、メンバーの中に有名人の弟が在籍していたという事実でした。
そのメンバーというのが、イーグルスの初期のメンバー、バーニー・リードンの弟のトム・リードン。 僕もそれによりシルバーを知ることになり、LPレコードを買う羽目になりました(笑)
そこで考えてしまうのが、“この弟がいなかったら、果たしてこのバンドを知るに至っただろうか?”という事・・・
もしかしたら、LPを買わなかったばかりか、知ることもなく過ぎ去っていまった可能性もあります。
それだけに“話題性”というものは、バンドを成功させるのに無視することの出来ないもののように思いました。

Just A Little Bit 話は逸れますが ~
初期のイーグルス・サウンドの根底にある基本的なものは、“カントリー・ミュージックにロックな味付けをした”といったものでしょうかね?
バーニー・リードンという人は、担当楽器がギターバンジョーマンドリンといったもので、イーグルスの中にあって、最も“カントリー色”の強い人で、バンドの方向性が徐々にカントリー色が失われて行くのを嫌ってイーグルスを脱退したと言われております。
彼の後任のギタリストとしてイーグルスに加入したのが、元ジェームス・ギャングジョー・ウォルシュであることからも、自然に脱カントリー的な部分が大きくなって行ったというのも頷けます。

この時期は、“元イーグルス”のというような、それなりの実績を過去に持ったアーティスト同士がバンドを組んでは、短期で解散するという事が数多くあっただけに、多くの隠れた名盤といわれるものが存在する要因になりました。

バーニー・リードンイーグルス加入前に参加していたフライング・ブリトウ・ブラザーズの作品。
 

さてそんなことで今日は、シルバーの曲を紹介させて頂きます。
今日ご紹介する曲は、ウェスト・コーストのバンドらしいハーモニーを聴かせてくれる「想い出 Memory」です。
それにしても、この邦題、もうちょっと何とかならなかったのかな?(笑)
“想い出=Memory”とくりゃあ、ミッシェル・ポルナレフ「渚の想い出」やら松崎しげる「愛のメモリー」やら、挙げ出したら切りがない程よく使われる単語。
それだけにタイトルを見ただけで、“聴いてみたい!”と思わせる邦題を付ける必要があったのはないでしょうかね?
せめて「想い出の中に」とか「想い出の中の君」程度の邦題は付けて欲しかったね!
曲が進むにつれて徐々に厚みを増す重唱、更にバックコーラスで全体を覆い、最後は転調までする、実に自分たちのコーラス・ワークの充実ぶりをこれでもかこれでもかと見せつけます。
実に嫌らしいくらいに歌が上手いウェスト・コーストのバンドらしい曲ですね!(笑)


Memory - Silver

想い出(メモリー) / シルバー
僕の顔に刻まれた一つひとつのしわ
あの娘の想い出を消そうとしてついたんだ
あの娘は去ってしまったけど
僕の想い出にいつまでもいるんだ

見守ってくれる力があったから
世界は僕のものだった
いま僕の元気はしぼんでしまい
夢は石ころに変わってしまった
なんとか日々を
うまくやっていけそうになったとき
あの娘の名を呼んで 目を覚ます
僕ひとりだけの夜

あの娘の想い出を消そうとする辛さから
僕の顔についてしまったしわ
あの娘は去ってしまっても
僕の想い出にずっととどまっている

僕のなかにあるあの娘の姿が
過ぎた過去を呼び戻すんだ
あの娘は僕を必要として
助けてくれて不安を分かち合った
笑いあった僕らの声が空気に残ってる
僕は炎を見つめてる
あの娘がそこにいるかのように

あの娘を忘れる辛さから
顔にいくつものしわができてしまった
あの娘は出ていってしまったのに
想い出のなかにいつまでもいるんだ

時が経てば痛みは薄れると言う
もう泣かないって僕は自分に誓うけど
涙がずっと止まらない
僕は走って逃げるけど
涙がずっとついてくる
走って 逃げ続ける僕
もうあの娘を忘れなきゃ

あの娘の想い出を忘れる辛さが
僕の顔のしわを刻んだんだ
その娘はもういない
でも想い出はいつまでも
僕のなかで消えないんだ

あの娘の想い出を消そうとして
僕の顔についた無数のしわ

もうあの娘はいないけど
ずっといつまでも消えずにいるんだ
僕の想い出のなかに…

和訳:めったPOPSさん


関連記事

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

想い出

ポルナレフの名前があるだけで
うれしい
ただただ
うれしい

ハンダース

Polna さんへ

「想い出の渚」でもよかった!
でも、父ちゃんに喜んでもらってよかった(笑)

「ハンダースの想い出の渚」にしていたら、洩らされるところだった!(爆)



EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報