こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 03
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
9位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪ カム・アラウンド・アンド・シー・ミー / ラズベリーズ:1972年作

Come Round And See Me - Raspberries

いぶし銀
見た目の華やかさはないが実力や魅力があるもの。


ラズベリーズというバンド、エリック・カルメンワンマンバンドと思われがちですが、決してそうとも言えないんです!

勿論、他のメンバーが、ビートルズジョンとポールの関係のように、エリック・カルメンと互角に張り合ってるとは言えませんが、高水準の曲を何曲も書いております。
シングルとして脚光を浴び、華やかなエリック・カルメンの曲の陰に隠れてはいるものの、その他のメンバーの曲はアルバムの中でその存在感を示します。

寧ろ、“ジョンとポールが同じバンドにいたことが奇跡”といわれ、更に後期では、ジョージ・ハリスンまでもが加わったビートルズが稀有の存在であるということなんでしょうね!

今日はエリック・カルメン以外のラズベリーズのメンバーが、その実力の程を示した曲の紹介です。

Raspberries
【 Album Data 】
リリース:
1972年4月10日
チャート:米国51位


1972年、ローカル・ヒット曲があるものの絶対的なヴォーカリストのいなかった "The Choir" というバンドと、絶対的なヴォーカリストがいるもののヒット曲のなかった "Cyrus Erie" というバンドが合体して出来たのが "Raspberries" でした。

デビュー当時のメンバーは
Eric Carmen (Bass Guitar)
Wally Bryson (Lead Guitar)
David Smalley (Side Guitar)
Jim Bonfanti (Drums)

注:その後、Eric と David の担当楽器がチェンジします

今日ご紹介する曲は、彼らのデビュー・アルバムに収録されているリードギタリストウォーリー・ブライソンが妹の家で灰皿を叩きながら作った軽快なアコースティック・ナンバー「Come Around And See Me」です。
彼の声質が、何となくジョージ・ハリスンと似ている上、ポール・マッカートニー張りの高い声のエリック・カルメンのハモが重なると、そこには、ビートルズの世界が・・・
ウォーリーは、この後も、アルバムを出す度に、同じような系統のアコースティックな曲を提供しますが、どれも秀作といえる中々の出来栄えです。

Come Round And See Me - Raspberries

カム・アラウンド・アンド・シー・ミー
/ ラズベリーズ

*君が僕に永遠に待てと言うのなら
僕は待つよ
君は僕を絶対に愛せないと言うけれど
きっと愛するようになる

これほど強い僕の愛を
君は否定することは出来ない、愛する人よ

本当は君だって僕の味方のはず
待っていれば分かる、僕を見て

*繰り返し

君が努力したことは僕も知っている
でもどこにも隠れる場所などないのだよ
愛する人よ
本当は君だって僕の味方のはず
こっちへ来て、僕を見てごらん

僕が君に冷たくなるなんて思わないで
僕は君の虜なんだから
こっちへ来て、僕を見てごらん

こっちへ来て、僕を見てごらん

僕が君に冷たくなるなんて思わないで
僕は君の虜なんだから
こっちへ来て、僕を見てごらん

*繰り返し

君が努力したことは僕も知っている
でもどこにも隠れる場所などないのだよ
愛する人よ
本当は君だって僕の味方のはず
こっちへ来て、僕を見てごらん

僕が嘘をついたことなどないこと、君は知ってるだろう
君への愛は終わることなどない
愛する人よ
本当は君だって僕の味方のはず
こっちへ来て、僕を見てごらん
こっちへ来て、僕を見てごらん
こっちへ来て、僕を見てごらん
こっちへ来て、僕を見てごらん

関連記事

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報