こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 03
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
9位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪ オン・ザ・ビーチ / ラズベリーズ:1973年作

On The Beach - Raspberries

下心
表に現さず、ひそかに心の中で考えている事。悪だくみ。


それが丸見えになると・・・
特にそれが過ぎると、相手にドン引きされてしまうようです。
“尽きる事のない煩悩を断つ”努力をしましょう!(爆)

久しぶりに今日は、エリック・カルメン率いるラズベリーズの曲をご紹介させて頂きます。
1973年10月にリリースされた3枚目のアルバム『Side 3』から“下心が丸見え”の1曲を・・・

 サイド3
【 Album Data 】
リリース:
1973年10月
チャート:米国138位


このアルバム、パワーポップの代表的バンドとして高い評価を得ている彼らの作品の中でも、最も、それに相応しい“ロック色”の濃い出来上がりになっています。
今日ご紹介するのは、そのアルバムから、エリック・カルメン作のドラマチックな展開をみせる「On The Beach」です。

このタイトルだけ見ると、夏の曲のように思えます・・・

が・・・
海猫の鳴き声や、波の音を聞くと、夏というより、何となくもの寂しい秋の夕暮れの海か、誰もいない冬の海の曲ってイメージです!

断固として夏の曲じゃない!

下心丸出し♡panda_1.gif
スローバラード以外の曲の詞は相変わらずで、
カルメン・ロックの定番、エロ・モード全開状態!

だって、僕にはちょっと
したいことがあるから

そこなら誰にも何も言われない
何をしろとか、するなとか


これらの後に続くのが・・・

Ooh 君が Woo 欲しい

“したいこと”があるから、誰からも、ああだこうだ言われない場所に行こう!~と、こんな感じで、露骨に女の子を誘っている男の歌ってことですな!

On The Beach - Raspberries

オン・ザ・ビーチ / ラズベリーズ
もう行く時間だ、こんな退屈なパーティーは出よう
君と二人きりになりたいんだ
どこか行く場所を見つけよう
僕たち、二人だけで行く場所を
だって、僕にはちょっと
したいことがあるから
Ooh 君が Woo 欲しい
海辺に行けば僕にも分かるだろう
愛することを学ぶための、哀しみを知っている僕らだから
海辺で

僕たちは明日までは帰らないよ
朝の2時には二人で戻って来るから
車に乗って二人で消えよう
そこなら誰にも何も言われない
何をしろとか、するなとか
Ooh 君が Woo 欲しい
海辺に行けば僕にも分かるだろう
愛することを学ぶための、哀しみを知っている僕らだから
海辺で

戻って来る日を僕は待ち焦がれていた
そして僕らはボートを海に出した
夜はまだ若い、そして君はこんなに綺麗なんだから
yeah
Ooh 僕は Ooh 僕は Ooh 僕は
Ooh 僕は、君が Woo 欲しい
海辺に行けば僕にも分かるだろう
愛することを学ぶための、哀しみを知っている僕らだから

海辺で
海辺で yeah yeah


関連記事

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

誰のことかな?

>尽きる事のない煩悩を断つ努力

   これって、誰に言ってるのかな?
   きっと「北の大地の父ちゃん」のことだな!

私見では多分、ムリですね(爆)

オン・ザ・ビーチ

高校生のとき、GFとのビーチ
目の前を歩く白いビキニのお姉さん(20歳くらいか)

目で追うどころか思わず首も一緒にお姉さんの方向へ
GF「何見てるの!」


透けるかもしれないと期待させてくれる白い水着は
高校生でなくとも、立派なおぢさんになったいまでも
とっても好きです (爆)


イメージ

北の魔女さんへ

あちら系の話題は全て北の大地の父ちゃんをイメージします(笑)

弾道弾迎撃ミサイル

尽きる事のない煩悩さんへ

一度とらえた獲物は絶対に逃がさない父ちゃん!
弾道弾迎撃ミサイルもそのくらい性能が良ければ、国防上、安心なんだけどね(笑)

白より黄色の方が、透けやすいという話を聞いた事があるよv-218

ラズベリーズ最高

ラズベリーズ、いいですね。
4枚のアルバムの中で、このSide3が一番好きです。全曲捨て曲なし。「On The Beach」もいいけど、「Tonight」「Let's Pretend」も最高。適度にハードで、適度にメロディアスなパワーポップ。初期のエリックのソロも大好きです。

secret intention

>表に現さず、ひそかに心の中で考えている事。

 ↑ここまでだったら“美しさ”を感じるのですが

>悪だくみ。

 になっちゃうと“シモゴコロ”とルビを振りたくなります(笑)

No title

小生が最も愛するアーティストの一人「エリックカルメン」がソロ活動に入る前に、リーダーとして活躍していたNICEなバンド「ラズベリーズ」!小生が高校時代に「明日を生きよう」(I wanna be with you)、「レッツプリテンド」等、深夜ラジオ番組から流れるラズベリーズのヒット曲を夢中になって聴いていたものです。当時は、バッドフィンガー(ビートルズの弟バンド)と同じ「パワーPOP」路線の代表として人気を博していたような気がします。ビートルズの雰囲気をもった親しみやすく美しいメロディ、パワー溢れる明るいサウンドで1970年前半の象徴的バンド、今も友人と洋楽カラオケで彼らの往年のヒット曲を歌うことが多いですネ~。

パワーポップ

240さんへ

再評価されているパワーポップという点で観れば、4枚のアルバムの中でこの『Side3』が、最もそれを体現できるアルバムでしょうね!
結果としてセールスには恵まれませんでしたが、僕はそんな世間の評価なんぞものともせず、普通に買ってました(笑)




男と女

shoppgirlさんへ

男とは、あれやこれや悪だくみを考えるもの!(笑)
女とは、悪だくみと知りながら、騙された振りをするもの!(爆)



そいれでも過小評価

ローリングウエストさんへ

エリック・カルメンという人・・・
評価はそこそこされていますが、それでもまだまだ評価がし足りない!
ラズベリーズもエリック・カルメンも過小評価されている代表格と思っています。

僕にとっても、ビートルズの次に贔屓にしているといいてもいいミュージシャン!
ソロとバンドでもう27曲もエントリーしております♪

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報