こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
8位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪ チャイルド・イン・タイム / ディープ・パープル:1970年作

Child In Time - Deep Purple

アプローチ
対象や目標に近づくこと。


1970年初頭、アプローチが異なる二つのハード・ロック・バンドが日本で人気がありました・・・

ディープ・パープルは、クラシックやジャズの影響が感じられる部分もあり、そういった音楽からのアプローチで自分達のスタイルを構築していったのではないでしょうか?
一方、レッド・ツェッペリンは、明らかにブルースが根底に流れているサンド、更に英国のトラッドの影響が感じられるアコーステックなナンバーが数多く存在、彼らをよく知らない人はその数に驚かされるのでは?
こうした全くアプローチが異質のバンドが、同時期に日本で人気を博していたのは面白いですね♪

今日は、静寂と激しさの両面を見事にミックスさせたディープ・パープルの名曲の紹介です。



1970年の頃の僕は、洋楽を聴き始めたばかりで、ハード・ロックなんて、“でぇ~~っ嫌い”な少年でした。
サイモン&ガーファンクルが好きで、ビートルズにも興味を持ち始め、ラジオの深夜放送を夢中に聞いていた1970年前半、自分の好きになった2組のアーティストが揃いも揃って解散しそうという嫌な情報が乱れ飛ぶ中、せっせとリクエスト・カードをラジオ局に送っておりました。

そして徐々にハード・ロックへ足が向き始めたのが、1971年にリリースされた『レッド・ツェッペリンⅣ』を友達から借りて聴いたことが第一歩だったようです。
しかし、その年は、まだまだビートルズのアルバム収集が第一優先で他には“手を出さず!”“目を向けず!”の状態でした。

しかし、年も明け1972年に聴いた「ハイウェイ・スター」にぶったまげ、いよいよハード・ロック・デビューへの道が開かれました・・・

“『マシン・ヘッド』を買おう”と思っていたら、仲のいい友達に先を越された為、仕方なく買ったのが、評価が異常に高く、ジャケットも数段カッコイイ『Deep Purple In Rock』だったわけです。
このアルバムこそ僕がハード・ロックに足を踏み入れた記念すべきアルバムなのです!

Deep Purple In Rock
Deep Purple In Rock (25th Anniversary Edition)
【 Album Data 】
リリース:
1970年6月3日
チャート:英国4位、米国143位、オリコン68位


今日ご紹介する曲は、そのアルバムに収録される名曲中の名曲「Child In Time」です。
静かな美しいジョン・ロードのキーボードから入り、徐々に盛り上がって行く・・・
感動しました!~もうこれだけで「このアルバム買ってよかったぁ~」と思いましたよ。

イアン・ギランの♪あ~あ~あああぁ~♪~真似!
あまりの大声に母は「頭がおかしくなった」と叱られましたねぇ(笑)
素晴らしい曲です~それしかいえないです!


Child In Time - Deep Purple

チャイルド・イン・タイム / ディープ・パープル
可愛い時の申し子よ
おまえはいずれ知るだろう
善と悪とを隔てる一本の線があることを
世の中に向けて銃を放ち
その弾が飛んでは人の命を奪う
盲目の男を見るだろう
おまえが罪を犯したならば
すでに犯しているだろうが
そして飛来する鉛に当たってないならば
目を閉じて頭を垂れて
跳弾を待つがいい


関連記事

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

ライブ音源

この「Child In Time」と
「Speed king」「Space Trucking」のライブ聴き比べにハマり
ブートレグ集めに熱をあげたことあり

若い頃は「Smoke On The Water」「Highway Star」「Fireball」など
ヒット曲ばかりでしたが、
年齢を重ねると「Child 〜」等に魅力を覚えるようになりました

だから…

♪あ~あ~あああぁ~♪~真似…
お母さんの杞憂… わかるわぁ~
おかしくなっちゃったから、今こんなブログを…
おっと失礼!! (笑)

私は母親の前ではさすがにそんなヘマはしませんでしたが、
昔の職場で自宅を離れ独身寮生活をしている頃、真下の階の
先輩から〈お前、夜にバタバタうるさいけど何やってんだ?〉
といわれたことはありますなぁ…
(何せ戦後間もなくにたてられたボロ官舎だったので)

ま、ご想像のとおりヘッドフォンのレベルを最高にして
陶酔しまくっていたから相当暴れていたんでしょうね(笑)

しかし、これは40年の時を超えても名曲です!!
英国と米国のチャートのランキング差は当然といえば当然
なんでしょうが、その後のクイーンなどに受け継がれる
様式美は70年代初頭すでに完成してしまっている!!
やっぱ、すごいバンドだわ…
凄いついでにいうなら、今なお当時と寸分違わぬドラムワー
クのイアン・ペースにも驚かされるけど…

不思議な事に・・・

Polna さんへ

昔、あれだけ聴いた『Fireball』が、全然、印象に残ってないのはどうしてなんだろう?
ジャケットの人間火の玉はよく覚えてるのに中身の記憶がない(笑)

違った意味で・・・

free bird さんへ

>夜にバタバタうるさいけど何やってんだ?
これって、違った意味で疑われて、寮中の話題になっていたかも・・・(爆)

やはり、ジャズとクラシックの素養を持ち合わせたジョン・ロードの存在が大きかったですね。
ライヴでも彼の存在が大きかったと思いますよ!

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報