こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
10位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪ グッド・タイムズ・バッド・タイムズ / レッド・ツェッペリン:1969年作

Good Times Bad Times - Led Zeppeline

表裏一体
昔、学生時代、大学から徒歩1分、銭湯が道路の向かいという便利な場所に下宿しておりました。
それだけに人の出入りが多く、先輩、同級生、後輩、男女問わず、ひっきりなしに訪ねて参りました。 朝は寝ていると後輩が勝手に入って来て、お湯を沸かしてネスカフェを自分の分のついでに僕の分を用意してくれる・・・(爆)

“私生活”という部分が皆無でウンザリしたこともありましたが、男女年齢を超えて仲間と親しくなれた事は間違いない・・・
“不満と満足は表裏一体”ってことですね!

そんなことで、今日ご紹介するのは、“世の中、良いこともありゃ悪いこともある”という話題にピッタシなレッド・ツェッペリンのデビュー曲を・・・


 レッド・ツェッペリン
【 Album Data 】
リリース:
1969年1月12日
チャート:英国6位、米国10位、オリコン36位


老舗バンドの名を棄てました!
ヤードバースの一員だったジミー・ペイジ、他のメンバーが脱退する中、彼一人が残り、この老舗バンドを名乗る権利を獲得します。
そういった状況下で集められたメンバーと共に、ニュー・ヤードバースとして活動開始、1968年夏のことです。

このメンバーが、9月のスカンジナビア・ツアーの最中に“ヤードバース”という老舗バンド名を棄てます。
そして新たに名乗ったのが・・・レッド・ツェッペリン

レコード会社からは、当然の如く反対されますが、彼らには勝算がありました!
「このバンドは間違いなく成功する!」と・・・

そのツアーで完全にバンド・メンバー同士が噛み合い、レパートリー曲も完成、デビュー・アルバムもトントン拍子に録音され、1969年1月12日に衝撃のレコードデビューを飾るわけです!

グッド・タイムズ・バッド・タイムズ / レッド・ツェッペリン
【 Single Data 】
リリース:
1969年3月10日(米国)
チャート:米国80位、オリコン84位


今日ご紹介する曲は、そのアルバムの頭に収録され、デビュー曲としてシングル・リリースされた「Good Times Bad Times」です。

ブレイクした後の独特の間合いとグルーブ感が他を圧倒するんですよね!
4人の絶妙なチームワークは、他のバンドが試行錯誤を繰り返し作り上げれないような曲でも、いとも簡単に完璧なものに仕上げてしまってるように感じさせられます。


Good Times Bad Times - Led Zeppeline

グッド・タイムズ・バッド・タイムズ
/ レッド・ツェッペリン

俺がまだ若かった頃
大人の男のあるべき姿を説いたものだ
今の俺はその年齢に達し
言った通りにしようと懸命だ
ところが、どんな努力を重ねても
結局、思い通りにはならないのさ

良いこともありゃ悪いこともある
どっちもそれなりに体験してきた
俺の女が茶色い目の男を追って出て行ったけど
今でもちっとも気にならない

恋に落ちたと思ったものさ
素敵な女とね
だけど数日後には飽きていた
彼女は俺だけのものになると約束し
最後まで俺を愛すると言ったのさ
彼女の耳元に囁いた途端
友達を一人失っただけ、Oh

良いこともありゃ悪いこともある
どっちもそれなりに体験してきた
俺の女が茶色い目の男を追って出て行ったけど
今でもちっとも気にならない

良いこともありゃ悪いこともある
どっちもそれなりに体験してきた
俺の女が茶色い目の男を追って出て行ったけど
今でもちっとも気にならない

孤独をしみじみ感じるよ
今、家に帰れたらどんなにいいか
近所の評判なんか気にせずに
俺はお前を毎日愛するだろう
そして俺の心の鼓動を聞かせてやろう
本物の愛はいいものさ
俺達はいつまでも一緒さ

関連記事

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報