こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
8位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪ オウ・ウーマン・オウ・ホワイ / ポール・マッカートニー:1971年作 ~ 流石にこの曲は歌真似できなかった!

Oh Woman, Oh Why - Paul McCartney

レノン派 vs マッカートニー派
ブログのハンドルネームからして、バリバリのジョン・レノン派と思われがちですが、決してそうゆうわけじゃあありません。
ビートルズが解散し、4人がソロ活動して行く中で、アルバムだけでなく、シングル盤もきっちり買ったのはポールだけで、むしろ学生時代の僕を知ってる仲間は、僕の事をポール・マッカートニー派と思っている人が多いんじゃあないのかな?

アルバム発売後にシングルカットされたものを除いて、余すところのなくシングル盤も買い求めたポール・マッカートニー・・・
それだけにベスト盤などに必ず収録されているA面曲より、寧ろB面曲に懐かしさを感じる曲が多いんです。
今日は、買い求めたポールのレコード、シングル盤LP盤の数ある中で、初めの第一歩となったアナザー・デイのB面曲を紹介させて頂きます。


アナザー・デイ / ポール・マッカートニー
【 Single Data 】
リリース:
1971年2月19日(英国)、2月22日(米国)、4月5日(日本)
チャート:英国2位、米国5位、オリコン6位


初めて買ったポールのレコードが「アナザー・デイ c/w オウ・ウーマン・オウ・ホワイ」のシングル盤でした。
それだけにこのレコードは、ポールの他の曲にないノスタルジーを感じてしまいます。

当時はシングル盤とはいえ、少ない小遣いをやり繰りして買ったものばかりで、思い入れもひとしお・・・
A面だけでなくB面も擦り切れるほど聴きまくりました!
これっ、決してオーバーじゃないですよ!(笑)
少なくともこの時期に買ったシングル盤のA面は、歌詞を見なくてもすらすら、物真似して歌えたもんです♪

ところが、今日ご紹介する「Oh Woman, Oh Why」だけは、絞り出すようなポールの超高音を物真似しようとすると、“漫画くん”と云われそうだったので、すらすらとはいかなかった!(爆)
今あらためて聴いてみると、曲の印象はA面とは対照的なポール流ロックでしたが、使われている楽器等がAB面共にほぼ同じで、実にベスト・マッチのシングル盤のように思いました。

僕はこの曲が懐かしく、これがボーナストラックとして収録されていたリマスター前の『Wings Wild Life』を買い求めました(笑)

Oh Woman, Oh Why - Paul McCartney

オウ・ウーマン・オウ・ホワイ
/ ポール・マッカートニー

ああ 何故なんだ? どうしてなんだ?
僕が何をしたっていうんだ?
ああ どこで 一体どこで
銃なんか手に入れたんだ?
僕が何をしたっていうんだ?
教えてくれよ ベイビー

初めて会った時
あいつは
どん底の暮らしをしていた
そこから救い出してやるぜ
僕はあいつに
そういってやったのさ

だけど どうすりゃいい?
両手を縛られているんだぜ
どうしてこうなっちまったのか
自分の自由さえきかないのさ
両手を縛られていちゃ
どうもなりゃしないぜ

ああ 何故なんだ? どうしてなんだ?
僕が何をしたっていうんだ?
ああ どこで 一体どこで
銃なんか手に入れたんだ?
僕が何をしたっていうんだ?
教えてくれよ ベイビー

お前の嘘や
出鱈目のなやり方には
いいかげん ウンザリしてるんだ
それでも
おてんと様が登りゃ
また同じことの繰り返しさ

だけど どうすりゃいい?
両手を縛られているんだぜ
どうしてこうなっちまったのか
自分の自由さえきかないのさ
両手を縛られていちゃ
どうもなりゃしないぜ

ああ 何故なんだ? どうしてなんだ?
僕が何をしたっていうんだ?
ああ どこで 一体どこで
銃なんか手に入れたんだ?
僕が何をしたっていうんだ?
教えてくれよ ベイビー


関連記事

THEME:なんてったってビートルズ! | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

B面

当時のポールはアルバムとシングルは区別していたから、アルバム未収録曲が結構あった。
B面では「Oh Woman,oh why」は好きではなかったけど
「Give Ireland Back To The Irish」(インスト)は貴重だったし、「C Moon」(「Hi Hi Hi」)、「The Mess」(「My Love」)はよかったなぁ

B面が懐かしい!

Polna さんへ

ポールだったら・・・
少なくとも2,3年、ポールだけでもブログをやって行ける(笑)
「Little Woman Love」や「Country Dreamer」もいいですね!
「The Mess」は訳詞がないから残念!



EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報