こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
10位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪ 恋のハウ・ドゥ・ユー・ドゥ / マウス&マクニール:1971年作

How Do You Do ? - Mouth & Macneal

“ダッチ・サウンド"
オランダ発の音楽のことをこんな風に呼ぶ・・・


このブログでも、再三、ご紹介させて貰ってますが、1960年代から1970年代の初頭にかけて、色々な国のアーティストの曲がヒットチャートに登場しました。
英語もフランス語もイタリア語もポルトガル語も、外国語だから皆一緒!(爆)

母国語でない英語で勝負
そんな中にあって、1970年代の初め頃、母国語でない英語の曲をヒットさせたヨーロッパの代表的なアーティストが、「ヴィーナス」「悲しき鉄道員」等、数多くのヒット曲を持つオランダ出身のショッキング・ブルー「木枯らしの少女」のヒットでお馴染みのスウェーデン出身のビョルンとベニーでした。
因みにビョルンとベニーは、後にABBAを結成し、大成功を収めますが、この曲は、日本独自の局地的なヒットに留まります。


洋楽ポップ全盛時代に大きな足跡
日本において、ショッキング・ブルーの成功は、他のオランダのバンド、アース&ファイヤー「シーズン」のヒットに繋がって行きます。
これらオランダ発の音楽は"ダッチ・サウンド"と呼ばれ、1970年代初頭の洋楽ポップ全盛時代に大きな足跡を残しました。
それにしても、この両バンド、女性をフロントに擁していることが共通、しかも、何となく笑顔なく陰気臭いのも同じ…(笑)

「オランダ女性ってのは根暗だ!」
当時は本当にこう思ってました!(笑)

そういった根暗イメージを覆したのが、今日ご紹介する男女のデュエット曲でした!

恋のハウ・ドゥ・ユー・ドゥ / マウス&マクニール
【 Sngle Data 】
リリース:
1971年1月22日(オランダ)
チャート:オランダ1位、米国8位


今日ご紹介する曲は、オランダ出身の男女デュオ、マウス&マクニールのご機嫌なナンバーの「恋のハウ・ドゥ・ユー・ドゥ How Do You Do ?」です。

1971年、ソロでは全く売れなかった二人。 ダミ声のマウスが、この曲のプロデューサーから紹介されたマクニールの美しい声に魅せられたことが、デュオ結成の切っ掛けとなりました。
だみ声でワイルド系のマウスさんと普通の人っぽいマクニールさんという、歌声も見た目も対照的なコンビ・・・
マクニールさんが歌唱法を変化させることによって、一見単調なこの曲を、実に変化に富む曲調に仕上げてますね!

1970年に全米で大ヒットしたショッキング・ブルー「ヴィーナス」、1972年にこの曲も、異色のオランダ発の音楽が注目されての中で全米8位の大ヒットを記録します。


How Do You Do ? - Mouth & Macneal

恋のハウ・ドゥ・ユー・ドゥ
/ マウス&マクニール

僕が欲しいのは君だって言ったことがあるけど
何故なのか覚えてないんだ
君が僕を泣かせられるなんて
本当なのかなってよく悩むけど
ずいぶん前のことなら知ってるよ
君の僕を愛してるって言ったこと
でも、ひとつ解決策があるんだ
君を動かしてみせるよ

ハウ・ドゥ・ユー・ドゥ
君と僕のことをnanananana
考えていたんだ、それから僕らはnanananana
昔のように君は言うのさnanananana
もっとおくれ、そして君は思うのさnanananana
その為に僕は生きているんだから・・・

ハウ・ドゥ・ユー・ドゥ
君と僕のことをnanananana
考えていたんだ、それから僕らはnanananana
昔のように君は言うのさnanananana
もっとおくれ、そして君は思うのさnanananana
その為に僕は生きているんだから・・・

僕が欲しいのは君だって言ったことがあるけど
何故なのか覚えてないんだ
君が僕を泣かせられるのかなって
よく思うんだ
そんなに前のことじゃないよ
君も僕のこと愛してるって言ったよね
でも、ひとつ解決策があるんだ
そうやって君を動かしてみせるよ


Billboard Logo
【 Billboard Hot 100 】1972年7月22日付
01.Lean On Me 私を頼りに / Bill Withers
02.Too Late To Turn Back Now / Cornelius Brothers & Sister Rose
03.Alone Again (Naturally) / Gilbert O'sullivan
04.Brandy / Looking Glass
05.I Don't Want To Be Right 愛のとりこ / Luther Ingram
06.Daddy Don't You Walk So Fast 行かないで!パパ / Wayne Newton
07.Where Is The Love 恋人はどこに / Roberta Flack & Donny Hathaway
08.How Do You Do 恋のハウ・ドゥ・ユー・ドゥ / Mouth & MacNeal
09.Rocket Man / Elton John
10.School's Out / Alice Cooper


THEME:洋楽 | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

マウス&マクリーヌ

さっぱり思い出せません
まったく知りません

熱中した70年代なのに
まだ知らないヒット曲があったこと
くやしいです

聴くまで・・・

Polna さんへ

記事をエントリーした僕でさえ、タイトルだけではピンっと来ず、聴いてみて初めて「そういえばあったなあ」と・・・(笑)

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報