こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
8位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪ ノー・ワーズ / ポール・マッカートニー&ウイングス:1973年作 ~ オーケストレーションで装飾された綺羅びやかなサウンド

No Words - Paul McCartney & Wings

トニー・ヴィスコンティ
70年代の洋楽ファン、特に"T.Rex"のファンにとっては忘れられない人です。


"T.Rex"では、ヴィスコンティのアレンジした重厚なストリングスが、彼らのサウンドを語る上で欠かせないものとなり、あの独特の雰囲気作りに大きく貢献、ポール・マッカートニーも、『Band On The Run』のオーケストレーションにおいて、彼を起用しました。
今日は、そんなトニー・ヴィスコンティが係わった曲の紹介です・・・


ポールの非凡さ
『Band On The Run』というアルバム、ラスマイの「ピカソの遺言」や最後の「西暦1985年」で、前出の曲を登場させるなどして、トータル性を演出していますが、よく聴いてみると、寧ろ、アルバム全体のアレンジにバラツキがあり、曲の寄せ集め的な感じがしないでもありません!
ところが、1曲1曲のクオリティが高いためか、それを感じさせないんですよね。
それに加え、曲の並びが非常にいい! カエル
こんな曲順決定にも、ポール・マッカートニーという人の非凡さを感じます。

覆い包む綺羅びやかなオーケストレーション
今日ご紹介する「No Words」が、その典型的な曲のように思います。
LPではB面1曲目の「Mamunia」に続いての2曲目に収録され、前の曲が終わったと同時、間髪をいれず曲がスタート・・・
「Mamunia」がシンプルなアレンジのアコースティック・バラードだけに、トニー・ヴィスコンティのオーケストレーションで装飾された綺羅びやかなサウンドが非常に印象的です。

“ロック系が苦手、ポップでメロウな曲が好き”という人は、大抵、この曲と「Mamunia」「Blue Bird」が大好きと云う・・・
これは“マーフィの法則”の如く、お決まりの不思議なパターンですね(爆)

バンド・オン・ザ・ランバンド・オン・ザ・ラン
(2010/11/17)
ポール・マッカートニー&ウィングス

商品詳細を見る
【 Album Data 】
リリース:1973年12月5日(米国)、12月7日(英国)
チャート:米国1位、英国1位


寧ろあのアルバムの方が・・・
さて、この「No Words」という曲、このアルバムで唯一のデニー・レーンとの共作で、この後のウイングス流ポップの原点とも云えるようなクオリティの高いポップな曲に仕上がっています。

しかし、あまりに「Mamunia」「No Words」との並びが決まっているため目立ちませんが、アルバム全体を見渡すと、何となく違和感を感じられずにいられません。
寧ろ、このサウンドは『Wings at the Speed of Sound』あたりに収録した方が、収まりがいいのではないのでは・・・?


No Words - Paul McCartney & Wings

ノー・ワーズ /
ポール・マッカートニー&ウイングス

その胸に生まれた熱い想い、誰かに与えたいんだって
かたくなだったその心、やっと解く気になったんだね
僕、君の黒い瞳に見つめられても
驚きはしない、それどころか嬉しいくらい

“愛がすべてね”君もとうとう云ってくれたね
その通りだよ、愛こそ僕らのすべてさ
そこで君に今一度振り返って欲しい
僕の愛がどれほど真実だったか

僕の愛に言葉なんていらない!

君の胸にある燃えるような想い
甘い甘いその想い
押さえてしまったりしたらいけない
せっかくのその想い、それは恋、恋さ

僕の言葉も聞かず、君はさよならするの
他の誰かが君を想ってくれるのを待つんだって
何を云ってるんだ、君には僕しかいない
わかっておくれよ、こんなに君を愛してる僕さ

いいかい、僕の愛に言葉なんていらない!


関連記事

THEME:なんてったってビートルズ! | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報