こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
8位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪ 今日の誓い / ザ・ビートルズ:1964年作 ~ 雰囲気が一味違うアコースティック・ナンバー

Things We Said Today - The Beatles

B面と云えど“捨て曲”ナシ!
脚光を浴びるA面曲に対し、通常地味な存在でしかないのが悲しきB面曲・・・

しかし、これはビートルズには当てはまりません!
寧ろ、A面曲以上に他のバンドにオマージュされる事が多いように思います。頻繁に歌い方等を真似される「Ask Me Why」なんかがそのいい例ですね!

マドモアゼル・ブルース - ジャガーズ


今日ご紹介する曲も、その昔、GSの人気バンドだったジャガースのヒット曲、「マドモアゼル・ブルース」を作る際に参考にされたそうです。
勿論、この曲は知っていましたが、当時は未だ、ビートルズはおろか洋楽なんて全く聴くことはなかったので、ブログをやるようになって初めて、ふたつの曲の共通点を知ることになりました。


A Hard Day's Night - ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!A Hard Day's Night - ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!
(1998/03/11)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る
【 Album Data 】
リリース:1964年7月10日(英国)
チャート:英国1位


それまでのビートルズアコースティック・ナンバーとは、一味違った雰囲気を持っているのが、シングル「A Hard Day's Night」のB面に収録された「今日の誓い Things We Said Today」です。
このマイナーコードの少し暗い感じの曲調は、B面とはいえ、アイドル・グループのシングル盤に収録する曲としてはかなり思い切った選曲をしました。

Something New (the U.S. Album)Something New (the U.S. Album)
(2014/01/21)
Beatles

商品詳細を見る
【 Album Data 】
リリース:
1964年7月20日(米国)、1970年9月25日(日本)
チャート:米国2位
*US編集


違和感のないスムーズなメロディの流れ
この曲は、ポールの作品、勿論、リード・ヴォーカルもポール、単調で盛り上がりに欠けると言う人もいますが、サビから元のメロディに戻るくだりは「非常に上手くまとめたなあ~」といつも感心しております。違和感のないスムーズなメロディの流れであるが故に、単調に感じてしまう人がいるのでは・・・?
何れにしてもこの曲、B面とはいえ、紛れもなく“秀曲”以上の作品であることは間違いありません。


Things We Said Today - The Beatles

今日の誓い / ザ・ビートルズ
たとえ僕がいなくなっても ずっと愛しつづけると君は言う
その一途な思いはきっと僕に通じることだろう

いつか 孤独にさいなまれ
君がそばにいてくれたらと願う日が来たとき
僕が思い出すのは 二人が交した今日の誓い

この世の終わりまで ずっと僕のものだと君は言う
こんな娘は近ごろじゃめったにいやしない

いつか 言葉もいらないほど深く愛しあい
一緒に夢をみる日が来たとき
僕らが思い出すのは 二人が交した今日の誓い

僕は果報者だ
愛はどこまでも愛だと言ってくれる君がいる
僕らが分別をなくそうと
この愛は逃げやしない
愛ある限り 君は僕のもの
かけがえのない恋人だよ
どんなときにも僕を愛しておくれ
手をとりあって歩いていこう

いつか 言葉もいらないほど深く愛しあい
一緒に夢をみる日が来たとき
僕らが思い出すのは 二人が交した今日の誓い


関連記事

THEME:なんてったってビートルズ! | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

Things We Said Today

実にポールらしい曲だと私も思う
本当に上手く出来てるよね♪
声も最適(リンゴじゃだめだ・・・爆)

来月またPaulに会えますよ
楽しみです

No title

ジャガーズ大好きでした~!キサナドゥの伝説がやはり最高です。当時は洋楽カバーとは思わず彼らのオリジナルと思っていました。最近、メンバーの誰か亡くなったニュースを耳にしました。

そりゃあ・・・

あふがん(アフ子)さんへ

もし、これをリンゴが歌ったら・・・
ほのぼの感で「今日の誓い」が「明々後日の誓い」になってしまう!

ポールは来年以降を期待して今回はパス・・・
楽しんで来て下さい!

デイヴ・ディー・グループ

ローリングウエストさんへ

デイヴ・ディー・グループが「キサナドゥの伝説」の原曲をヒットさせたのは1968年のことで、ブリティッシュ・インヴェイジョンが過ぎ去ったあと・・・
このバンド、少々世に出るタイミングが悪かったですね!

ジャガーズのヴォーカリストの岡本信さんが5,6年前に亡くなってますね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報