こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
10位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪ ギンザ・レッド・ウィ・ウィ / デイヴ:1976年作

Ginza_at_dusk-800x533.jpg

化粧品会社のCM・・・
昨今を問わず、数多くのヒット曲を生み出しています!
女性の美への追及の本能を駆り立てる化粧品会社のCM~そしてそのタイアップ曲により、更なるイメージの広がりが・・・
初めからCM曲は、ヒットする要因を内包していますよね!

今日ご紹介するのは、1976年春のカネボウ化粧品のテーマ曲として、TVのコマーシャルのバックに流れていた曲の紹介です。


ギンザ・レッド・ウィ・ウィ / デイヴ
【 Single Data 】
リリース:1976年
*日本独自のシングル


今日ご紹介するのは、明るい雰囲気がいかにもコマーシャル・ソングの決定版という感じの曲、デイヴ「ギンサ・レッド・ウィ・ウィ」です。

当時のフランスのアイドルデイヴが母国語で歌っていますが、この曲は日本人の手による偽シャンソンだとか・・・(笑)
日本でのみシングル・リリースされました!

銀座という街、その上、フランス語・・・
お洒落なイメージ!

もし、これが日本語で歌たわれていたら・・・

前を歩くオネエチャンの後を付け回す、
単なる“怪しいナンパ男”の曲になってしまったことでしょう!(笑)

因みに、この1976年頃は、シングル盤は買っていませんでした!

ところが・・・

このジャケット、確かに、記憶にある!
でも、買った覚えはない!

何故だろう???

ついジャケットの綺麗なマドモアゼルに釣られて
パチンコの景品で獲得したんだろうか???(笑)


Ginza Red Oui Oui - Dave

ギンザ・レッド・ウィ・ウィ / デイヴ
僕の前を歩いて行くあの娘
銀座の街角で
話しかけよう
言葉が見つからないまま後についてゆくと
背中で長い髪がはずんでた
光きらめく銀座の街で
僕は声をかけた“ボンジュール、マドモアゼル”
するとその娘は振り向いたんだ

僕が思ってたより
ずっとずっと綺麗だった
その微笑が僕に言ったよ

ギンザ・レッド・レッド・ウィ・ウィ
ギンザ・レッド・レッド・ウィ・ウィ
この世界の愛という愛が
この唇の上に集まっていたみたいだ
銀座の街のお嬢さん

彼女をこの腕に抱きしめたかった
銀座の街角で
僕の眼がきっと僕の心を伝えてくれたんだ
だってその娘が僕にキスしたから
けっして忘れはしないよ ふたりの口づけ
光きらめく銀座の街角で
彼女の唇が僕の心を
幸せな色に塗り替えたから

ギンザ・レッド・レッド・ウィ・ウィ
ギンザ・レッド・レッド・ウィ・ウィ
この世界の愛という愛が
この唇の上に集まっていたみたいだ
銀座の街のお嬢さん

Billboard Logo
【 Billboard Hot 100 】1976年4月18日付
01.見つめあう恋 / カーペンターズ
02.ビューティフル・サンデー / ダニエル・ブーン
03.マネー・ハニー / ベイ・シティ・ローラーズ
04.GINZA RED ウィウイ / デイヴ
05.ボヘミアン・ラプソディ / クイーン
06.ザッツ・ザ・ウェイ / K.C. &サンシャイン・バンド
07.アクション / スイート
08.サタデー・ナイト / ベイ・シティ・ローラーズ
09.ピンボールの魔術師 / エルトン・ジョン
10.レット・イット・シャイン / オリビア・ニュートン・ジョン
11.哀愁のヨーロッパ / サンタナ
12.恋は火の鳥 / 5000ボルト
13.青春の傷あと / ミッシェル・ポルナレフ
14.ビバ・アメリカ / バンザイ
15.ギターは泣いている / ジョージ・ハリスン
16.恋人と別れる50の方法 / ポール・サイモン
17.テイク・ミー / グランド・ファンク・レイルロード
18.今夜はこわいぜ / エルトン・ジョン
19.ロンリー・ナイト / キャプテン&テニール
20.フライ・アウェイ / ジョン・デンバー

THEME:洋楽 | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

化粧品CMソング

キャッチーなメロディで「いいな」とおもったものの
すぐ飽きてしまった曲だった。
前年の『ボンジュール お目、目さん』(アラン・シャンフォー)の方が好き!

流行ってましたー。

兄がカセットに録音して毎日のように聴いていました。
もちろんテレビでもよく流れていて、あの頃は化粧品のCMの影響力がとても大きかった。もちろんCMソングも。
華やかな時代だったなぁ。

オッシャレ~~~!
おっ、ジョージきた~!

何じゃそりゃ

Polna さんへ

わしゃあ、お前さん、その「ボンジュール お目、目さん」なんて知らないぞ!(爆)

魂胆あれこれ

コブラさんへ

やはり、美の象徴、化粧品のCMはヒット曲が生まれやすいですね!
でも、最近、誰とは言いませんが、美人と言われ事が少ない人をCMに起用・・・
顔はともかく、確かに肌が綺麗そうで、一般の視聴者に「私でも何とか・・・」と思わせ、その気にさせようという魂胆なのかな?(笑)


あ~ビバビバ

ちえさんへ

ジョージはいいけど、ダンス・ミュージックがボチボチ賑わうようになって来た・・・
嫌な時代に突入の前兆(笑)

やっぱし?!…(笑)

私もあまり好きくないです!!

ディスコ系

ちえさんへ

ディスコ系は好きじゃなかったね!
踊り下手で、ディスコには殆ど行かなかった(笑)

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報