こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 03
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
58位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
13位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪ コーヒーもう一杯 / ボブ・ディラン:1975年作

One More Cup of Coffee (Valley Below) - Bob Dylan

喫茶店王国・名古屋
喫茶店の数は大阪に次いで全国2位。しかし、1世帯当たりの喫茶年間利用料は12.757円(2005年の総務庁の調べ)、これは全国平均の2倍に当り、堂々、30年以上に渡り全国1位をキープ! 
正に喫茶大国の面目躍如たり!(爆)

1975年発表のボブ・ディランの代表作とも云える『欲望 Desire』、他と雰囲気を異にしたものとしても知られます。
先ず、大部分の曲が、ジャック・レヴィというアメリカのソングライターとの共作であり、全編を通じバイオリンがフューチャーされ、独特の雰囲気を醸し出している・・・
こんなところが、他のアルバムと違った感じに聴こえる要因なんでしょうね!

今日はボブ・ディランのベストセラー・アルバム『欲望 Desire』より、もう1曲・・・


コーヒーもう一杯 / ボブ・ディラン
【 Singe Data 】
リリース:
1976年4月(日本)
*日本独自リリース


全9曲収録の内の2曲がディランの単独曲のこのアルバム、今日はその中から1曲ご紹介させて頂きます。
今日ご紹介する曲は、日本独自でシングルカットされ、ヒットした「コーヒーもう一杯 One More Cup of Coffee (Valley Below)」です。
哀しい声で咽び泣くようなバイオリンが全体を覆い、どこか、中近東の音楽のような異国情緒たっぷりなこの曲、ディランと対照的な美声のカントリー女性シンガー、エミルー・ハリスのハーモーニーが盛り立てに貢献しております。

欲望欲望
(2005/09/21)
ボブ・ディラン

商品詳細を見る
【 Album Data 】
リリース:
1976年2月5日(米国)
チャート:米国1位、英国3位


彼女は、このディランのアルバムへのコーラス参加が、ブレイクの切っ掛けになりました。
後年、このアルバムのCDを手に入れた時、「あれっ?コーラスって、エミルー・ハリスだったっけ?」と、自分の記憶の曖昧さに、「とうとう来るべきものが来たか!」と心配したりもしましたが・・・(笑)
考えてみりゃあ、当時の彼女、まだ無名シンガーだったから、覚えてないのも無理もありませんわな!


One More Cup of Coffee (Valley Below) - Bob Dylan

コーヒーもう一杯 / ボブ・ディラン
君の息は甘く
君の目は空に浮かんだ二つの宝石のようだ
ぴんとまっすぐに立った君の背筋
なめらかな君の髪
君は枕に横たわった
だが僕はやさしさも感謝も 愛さえも感じられないんだ
君が忠誠を誓う相手は僕ではなく
天の星だった

コーヒーをもう一杯 僕が旅立つ前に
コーヒーをもう一杯
眼下に見えるあの谷底に向かって旅立つ前に

君の親父さんね あの人は無法者だ
放浪することが仕事のようなもの
やがて君に教えるだろう
刃物の見方 選び方 それから投げ方なんかをね
彼は監視する 彼の王国を
だからよそ者が飛び越えて入ることはない
料理の皿のお代わりを求めるとき
彼の声は震えている

コーヒーをもう一杯 さよならを言う前に
コーヒーをもう一杯
眼下に見えるあの谷底に向かって旅立つ前に

君のお姉さんにはお母さんや君と同様
未来を見る能力がある
君は読み書きを教わったことは一度もなかったね
棚に本があったためしはない
君の快楽は際限を知らず
君の声はマキバドリのように美しい
だが心はあの広い海のように
暗く謎に満ちている

コーヒーをもう一杯 さよならを言う前に 
コーヒーをもう一杯
眼下に見えるあの谷底に向かって旅立つ前に


文化放送 All Japan Pop 20
【 All Japan Pop 20 】1976年8月8日付
01.ロックン・ロール・ラブ・レター / ベイ・シティ・ローラーズ
02.マイ・ベスト・フレンド / クイーン
03.心のラヴ・ソング / ポール・マッカートニー&ウイングス
04.恋はドッキリ / スージー・クアトロ
05.ソウル・ドラキュラ / ホット・ブラッド
06.ミスター・メロディー / ナタリー・コール
07.恋のブギー / シルバー・コンベンション
08.青春の輝き / カーペンターズ
09.ショー・ミー・ザ・ウェイ / ピーター・フランプトン
10.コーヒーもう一杯 / ボブ・ディラン
11.愛はそよ風 / ベラミー・ブラザーズ
12.きょうがその日 / アメリカ
13.愚か者の涙 / ローリング・ストーンズ
14.一人ぽっちの囁き / オリビア・ニュートン・ジョン
15. 風のメルヘン / デイヴ
16.ショップ・アラウンド / キャプテン&テニール
17.ビューティフル・サンデー / ダニエル・ブーン
18.ガット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ / ザ・ビートルズ
19.見つめあう恋 / カーペンターズ
20.狂気の叫び / キッス


関連記事

THEME:洋楽 | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

コーヒーもう一杯

高校の校則にあった一文「純喫茶以外出入り禁止」
素直なPol
彼女とのデートは純喫茶店

やがて彼女は言った
「純喫茶ばかりじゃつまんない」

つまり
純ぢゃないところへ連れてけ ってことだね (爆)

No title

エミルー・ハリス。
最近?ではこんな人とも・・・
https://www.youtube.com/watch?v=y4sWYkCS3u0

最初聞いたときはディランかと思いました。

得意!

Polna さんへ

純喫茶は不埒な気持ちが渦巻いてたPol高校生には物足りない!
やはり・・・
不純喫茶に行くしかなかった!(笑)


ダイアー・ストレイツ

coco爺さんへ

エミルー・ハリスの相手、ダイアー・ストレイツマーク・ノップラーですね!
実はこの後、エントリーする予定です(笑)

昔~

30年くらい前、洋楽好きの知人がこの曲が好きだといってました。
ボブ・ディラン…いろいろな時代がありましたね~~~しみじみ(笑)
数日前、連チャンでライブに行きましたヨ
ボブ・ディランは聴けませんでしたが…若者のビートルズライブと、翌日はビートルズ&60年代洋楽&オリジナル曲のライブ!ビートルズは散々聴いてるしストーンズもたまーーーに!その他って、聴きたくてもやってるバンドがいないので…、聴きに行けて良かった~かなり、ストレス解消になりました!!!。

年だな

ちえさんへ

確か首都圏にお住まいでしたよね?
たくさんそうゆう場所があっていいねえ!
めっきり最近、夜更かしが苦手になって・・・(´・_・`)

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報