こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
8位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪ アメリカ / イエス:1972年

America - Yes

Samplers
コンピレーション・アルバムの一種で、複数のアーティストの音源を複数収めたレコードを、無料頒布もしくは格安販売する形態のことである。


今日ご紹介するのは、英国のアトランティック・レコードより、“ロック・ミュージック・サンプラー・シリーズ”の第3弾としてリリースされた『The New Age of Atlantic』に収録する為に、レコーディングされた"Yes"のカヴァー曲です。

The New Age Of AtlanticThe New Age Of Atlantic
(1972/01/01)
Atlantic Records

商品詳細を見る
【 Album Data 】
リリース:1972年11月3日
チャート:英国25位


この英国のアトランティック・レーベルからリリースされたサンプラー・アルバムの『The New Age Of Atlantic』、他のアーティストが既存の曲で収録される中で、この"Yes"のみがカヴァーとはいえ、このアルバムの為にレコーディング、短縮したものをシングル・リリースもしました。

アメリカ / イエス
【 Single Data 】
リリース:
1972年7月17日
チャート:46位


初めて聴く人は「このまま歌なしで終わってしまうの?」と、つい思ってしまう程の長いイントロのアルバム・ヴァジョン(10分30秒)・・・
シングルではこの2分半弱ある長いイントロ部分がカット、4分12秒に短縮されているから当然と云えば当然!
当時のイエス「いくら何でもやり過ぎ」といった評価の声もあったように記憶しております。 しかし、彼らと対極にあるサイモン&ガーファンクルの名曲をカヴァーする意外性を初っ端から全開するこの長~~いイントロは絶対に在った方がいいのでは・・・? そんなこともあってか、当時、それ程のものと思えなかったイエスのカヴァーも、後年聴く機会を得た長尺のアルバム・ヴァージョンで再評価するに至りました。

America - Yes (Single Version)


最近、ポール・マッカートニーのトリビュート・アルバム『The Art Of McCartney』がリリースされましたが、YouTubeで聴いてみると、あまりに原曲をそのまんまコピーしているような曲ばかりで、期待外れで少々ガッカリ!
「どうせ演るならイエスの"America"やEW&Fの"Got To Get You Into My Life"くらい思いっ切らなくちゃ」と思うのでありました。(笑)

アメリカ / サイモンとガーファンクル:1968年作


America - Yes

アメリカ / イエス
「俺たち、付き合わないか?二人で未来を築いて行こうよ
ちょっとした蓄えならここにあるんだ!」

それで俺らは、1箱のタバコとミセス・ワーグナーのパイを買って
AMERICAを探しに歩き出した

「キャシー」
ピッツバーグで長距離バスに乗り込みながら俺は言った
「今となっちゃ、ミシガンにいた頃が夢のようだな」

サギノーからヒッチハイクで4日もかかった
俺はAMERICAを見つけに来たんだ

バスの中で笑ったり、ゲームをしたりしながら
彼女は「ギャバジンスーツの人はスパイよ」
俺は「気をつけろ!奴の蝶ネクタイはカメラだ」
なんて言ってはしゃいだ

「レインコートにタバコが一本入ってるだろ、放ってくれよ」
「1時間前に、最後の一本吸っちゃったじゃない・・・」

俺は仕方なく窓の景色を眺めた
彼女は彼女で、雑誌を読み出した
広大な原野から月が昇っていた

「キャシー・・・、明日が見えないんだ・・・」
寝息をたてている彼女に、俺は言った
「今、俺はカラッポなんだ、虚しいんだ、どうしてなんだろう?」

ニュージャージー有料道路を走る、車の数をぼんやり数えながら、
「あいつらもAMERICAを探しに来てるんだろ・・・」
「みんなAMERICAを探しに来てるんだろ・・・」







関連記事

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

アメリカ

流石にYouTubeはなかったのですね
残念!

洋楽夢中になっていた72なのに記憶にないのは
イエスに興味がなかったからだろうな

いまなら聴いてみたい

またこの曲?!

Polna さんへ

この曲、日本で大ヒットしたってわけじゃないから、知らなくても不思議じゃないですよ。
当時、前年にS&Gがシングル・ヒットさせたばかりで、「また、“アメリカ”かよ」と思いました。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報