こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
10位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪ ドント・ストップ・ビリーヴィン~愛に狂って / ジャーニー:1981年作

Don't Stop Believin' - Journey

原点はサンタナの分裂?
サンタナに参加していた若きギタリストのニール・ショーンとキーボードのグレッグ・ローリーの二人が、バンドを飛び出し結成したのがジャーニーの出発点となりました。更にジェフ・ベック・グループなどに在籍していたこともあるドラムスのエインズレー・ダンバー、元スティーヴ・ミラー・バンドのベーシストのロス・ヴァロリーなどの強力なメンバーが加わり、"Journey"はメジャー・デビューを果します。

しかし、超強力メンバーで世間の注目を集めた割りには、ヒットに恵まれず、もうひとりのギタリストのジョージ・ティックナーが脱退して、いつの間にかジャーニーはインストゥルメンタル・ナンバー中心のグループになってしまいました。
マネジャーのハービー・ハーバードが打ったる次なる手は、専任のリード・ヴォーカリストを置くという事でした。

しかし・・・

1代目のヴォーカリストは、参加直後、即座に解雇に・・・


EscapeEscape
(2014/07/08)
Journey

商品詳細を見る
【 Album Data 】
リリース:
1981年7月31日
チャート:米国1位


カリスマ・ヴォーカリストの加入
ジャーニーに加入する直前まではエイリアン・プロジェクトというバンドに参加していたスティーヴ・ペリー。 メジャー・デビュー直前にの1977年の夏にベーシストを交通事故で失い、エイリアン・プロジェクトとしてのメジャー・デビューの話は白紙となりました。

ペリーは故郷に戻ってしばらく農場で働いていましたたが、実はその間にエイリアン・プロジェクトのデモ・テープが業界関係者を通じてハービー・ハーバートのもとに届いていて、それを聴いたハーバートは、その可能性を高く評価しペリーをジャーニーへ加入させました。 この事からも、人の運命というものの“不思議”を感じずにはいられません。

ひとつ間違えれば、大金を手にすることもなく、“歌の上手い農場のおじさん”で終わっていたかもしれません・・・(笑)

ドント・ストップ・ビリーヴィン~愛に狂って / ジャーニー
【 Sigle Data 】
リリース:
1981年10月6日
チャート:米国9位


デビュー以来、着実にスターダムへの階段を上がってきたジャーニーが、遂にその頂点を極めた作品といわれる事の多いアルバム『Escape』、その第1曲目に収録されているのが、今日ご紹介する「Don't Stop Believin' 」でした。

この曲、邦題がありまして「愛に狂って」ですって~
もうちょっと何とかならんかったのかなあ・・・(笑)

Don't Stop Believin' - Journey

愛に狂って / ジャーニー
一人ぼっちの世界に生きてきた
小さな田舎町の女のコ
彼女は夜行列車に乗った
どこというあてもなく・・・
サウス・デトロイトに生まれ育った
一人のシティー・ボーイ
彼も夜行列車に乗った
どこというあてもなく・・・

煙のたちこめるクラブで歌う一人のシンガー
酒と香水のにおい
笑顔ひとつで 彼らは夜を共にするのさ
それはいつまでも、いつまでも続く

ブールバードを往き来する
人待顔の見知らぬ男と女
彼らの影が
夜の中で お互いを探りあう
刺激を求めるためだけに生きる
ストリートライト・ピープル
彼らは夜のどこかに姿を消してゆく

取り分を得るまで精一杯やるぜ
誰もがスリルを求めてる
ダイスを転がすためなら何でも払う連中さ
さあもう一回だけ
勝つ奴がいれば、負ける奴もいるさ
ブルースを歌うために生まれてきたような奴もいる
ああ、終わりのない映画さ
いつまでも、いつまでも、いつまでも続く

(コーラス)
信じることをやめるな
自分の感覚を信じて
ストリートライト・ピープル


THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

来たわネ(笑)~

懐かしの、ジャーニー…詳しくはないですが~ボーカル良いよネ!!脱退?してから、地道に(笑)まだやってるらしい(ボーカルの方)!もう一度、1曲でもいいし&地味なヒット?でいいからライトを浴びて欲しいですネ!!

ヴォーカリスト

ちえさんへ

今現在のヴォーカリストは、フィリピン人。
YouTubeで、彼のライヴの映像をジャーニーのメンバーが偶然見たことが切っ掛けとなりスカウトされました。
ちえさんもライヴの様子をアップすれば、アイドル歌手として、どこかのプロダクションからオファーがあるかも・・・(爆)

爆笑~

無いな
ライブなんて、生きてるうちにできるかどうか私はヘタクソですが、教えるよ~と言ってくれる方は沢山います…私よりお兄さんから息子的まで&0円から1時間1500円まで(笑)
まだ、自己練が足りないので教えてもらってはいませんが、先生が沢山いても腕前が追いつきませんオバチャンなのにアリガタヤです
ジャーニー…今のボーカルにヘェ~~~
昔のジャーニーのボーカルの人に頑張ってもらいたいですね~

ニール・ショーンがいてこそ…

このグループは、しゃがれ声のスティーブ・ペリー派か永遠
の天才ギター小僧ニール・ショーン派かに別れところ…

確か15歳くらいからプロのギタリストとしてやっていて、
サンタナに気に入られて17歳でアルバム制作に参加した
ニール・ショーンのギターが私は好きですね!!

このグループもこのアルバムと次のアルバムの2枚だけは
持っているけど、むしろ次のアルバムの方が個人的には
好き!!
でも、ずっと買い続けるグループじゃなかったな……

ありがたや

ちえさんへ

普通のオバサンなんぞ相手にされん!
かまって貰えるほどの素敵なオバサンということ・・・だな(笑)

フィリピン人は数学や物理の授業は英語との事。
日本人は明治時代の偉人達が専門用語も全てイメージに合う日本語を作り出して行った・・・
そんなこともあり、大学で習う高度の専門的な用語も全て日本語にある。
高等教育まで日本語だけで間に合ってしまうから、英語を習う必要性がない!

故に日本人は英語に堪能な人が少ないという事らしいですよ。

キャ~[e:813]何も出ませんヨ

素敵なオバサマ…私が?性格オヤジなのに&お色気もありません!!
歌は英語なので…わからないのはネットで発音を聴いたり←英会話はできませんが、一つ一つの単語がどういう発音なのか&つなげて言う場合のポイントやら&省略した場合など…イロイロ調べ直して1曲の練習を始めます(会話と歌は違う)歌詞がテキトーだと、ヘタクソなりのグルーヴも何もないつまらないものになる&声出しのテクの研究も←歌だけでも、カラオケじゃないから、セッション会では様々な努力が必要だと私は思う…なので、ジョン好きな私は男ウケしなくても女子らしい歌い方はしません。そんなこんなで、今年はそろそろギターの練習も増やして、先生方に教えてもらっても吸収できるかも?な最低ラインまで自己練せねばイカン

実は・・・

free bird さんへ

ニール・ショーン派vsスティーブ・ペリー派
?????

大きい声じゃ言えませんが・・・
わたしゃあ、この人達のレコードやCDは1枚も持ってません!
(笑)

ベスト盤を、以前、レンタルしただけ・・・
それで、充分ですよね?(笑)


どうあがいても・・・

ちえさんへ

その経過や結果は知りませんが・・・
その向上心が素晴らしい!
僕には無理だ!(笑)

最近、思うこと・・・
どうあがいても、若くはなれない!
それならばと、年を取ったらこんな風になりたいと思われる年の重ね方をしようと思います。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報