こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
10位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪ ハイスクールはダンステリア / シンディ・ローパー:1983年作

Cyndi Lauper

Japanophile
親日(Japanophile)とは、日本語では、日本や日本人、日本文化に好意的な言動を示す外国人を指す言葉であり、親日である人を表す場合には「親日家」「親日派」が用いられる。

日本食レストランのウェートレス
親日家というより超親日家で知られるシンディ・ローパー、その切っ掛けとなったのは、デヴュー前に世話になった日本の女性実業家への恩義によるものらしいですね。
ブラブラしている彼女を見かねた女性実業家が「私の店で働きなさい」と日本レストランにスカウト・・・
そのためなのか、好きな日本の食べ物が、日本酒・寿司・刺身・味噌汁・梅干・スルメ・・・
梅干を食べたことが、あの“唇をめくり上げ四角く口をあけるユニークなハリウッドスマイル”を生んだのかな?(笑)

そんなことで、今日は、シンディ・ローパーの代表曲を1曲!


ハイスクールはダンステリア / シンディ・ローパー
【 Single Data 】
リリース:
1983年8月20日
チャート:米国2位


邦題に激怒!
今日ご紹介する曲は、彼女のメジャー初の大ヒット曲の「ハイスクールはダンステリア Girls Just Want To Have Fun 」です。

実はこの曲、邦題を巡って、ひと悶着があったそうです!
日本通の彼女、「この曲の邦題は意味は?」と聞いて、その英訳を聞くや否や、あまりの内容とのズレに激高!
そんなこともあってか、その後、カタカナ英語表記の味気ないものに・・・
まあ、当時、邦題の殆どがいい加減でしたから、担当者もまさかそこまでチェックされるとは思わず、恒例に従ったんでしょうね(笑)

Girls Just Want To Have Fun - Cyndi Lauper

ハイスクールはダンステリア
/ シンディ・ローパー

朝の光の中で私は帰ってくる
「あなたはいつ自分の人生をまっすぐに生きるの?」ってママが言うの
ああ、ママ、親愛なる私たちはそんなに幸せじゃないわ
だから女の子達はみんな楽しみたがってるの
ああ、女の子達はただ楽しみたがってるのよ

夜中に電話のベルがなると
「お前はお前の人生で何をするつもりなんだ」ってパパが叫ぶの
ああ、パパ、親愛なるあなたはあなたが今でもNo.1だとわかってるの
だけど女の子達はみんな楽しみたがってるの
ああ、女の子達はただ欲しがってるの

なにか楽しみが欲しい、彼女達にはそれが全て
仕事をしてて落ち込んだとき
女の子達はみんな楽しみたがってるの
ああ、女の子達はただ楽しみたがってるのよ

何人かの男の子が素敵な女の子を連れて
彼女を他の世界から隠してる
私は日の当たるところを歩けるようになりたいの
ああ、女の子達はみんな楽しみたがってるの
ああ、女の子達はただ欲しがってるの

なにか楽しみが欲しい、彼女達にはそれが全て
仕事をしてて落ち込んだとき
女の子達はみんな楽しみたがってるの
ああ、女の子達はただ楽しみたがってるのよ

彼女達は欲しがってる
ただ欲しがってるの、ああ、
彼女達は楽しんでる
ただ楽しんでるの・・・




Billboard Logo
【 Billboard Hot 100 】1984年3月10日付
01.Jump / Van Halen
02.Girls Just Want To Have Fun ハイスクールはダンステリア / Cyndi Lauper
03.99 Luftballons ロックバルーンは99 / Nena
04.Thriller / Michael Jackson
05. Somebody's Watching Me / Rockwel
06.Nobody Told Me / John Lennon
07.I Want A New Drug / Huey Lewis & The News
08.Here Comes The Rain Again / Eurythmics
09.Footloose / Kenny Loggins
10.Karma Chameleon カーマは気まぐれ / Culture Club


THEME:洋楽 | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

1983

この頃って何に熱中していたのだろう
新しい洋楽を吸収することもなくなって
邦楽もさだまさし熱もクールダウンしていたし
猪木のファイトもマンネリ気味
。。。。

あ、落語! (笑)



シンディの曲は聴いてこなかったけど
アメリカのプロレス団体WWFのゲストに招かれたりしていたから、人気あったんだよね

ハリウッドスマイル

あのハリウッドスマイル
練習しても簡単には真似できないよね!

仙台公演は18日でした
(行かなかったけど・・・笑)

No title

シンディは日本を深く愛する外国人の代表の一人だと思います。偶然にも彼女は3月11日東日本大震災に遭遇し我々と一緒にその恐怖をリアルタイムに共有体験していました。来日で成田空港に到着する時に大地震が発生、各地の空港は閉鎖され緊急措置で横田米軍基地に着陸。周囲は原発事故発生で米国に帰るよう促しましたが、彼女は「音楽の力で日本を励ましたい」と残ることを決めたのです。本当に日本に縁がある人なんですね。

We're The World

Polnaさんへ

この時期は、マイケル・ジャクソンの全盛期、これ以降、洋楽から離れて行ったように思います。
シンディ・ローパーは「We're The World」で、結構、存在感を発揮していた・・・
特にこの曲に思い入れがあるわけじゃないけど、やっぱり、東日本大震災の時、日本のために頑張ってくれたから、心情的に応援したくなります。




仙台公演

あふがん(アフ子)さんへ

先生がガソリンや食料を求めて列に並び、苦労されているとき、彼女は日本に来日していて、「私は何があってもステージを続けます。こんな時に、日本の友人たちに背を向けて逃げ出すことは出来ない。私が愛する日本のためにやれることは、歌うことだけだから」と言って、コンサート・ツアーを続けてくれました。
いい人だ!



親日アーティスト

ローリングウエストさんへ

大震災の時、クローズアップされたのが、このシンディレディ・ガガでした。
シンディは前からよく知ってましたが、ガガといったら、ジョンの白いピアノに下着姿で腰かけたという程度(笑)
別に「ジョンのピアノに何てことを」といった了見が狭い考えはありませんでしたが、これで認知したことは事実。

その彼女が親日アーティストと知った時、一気に好感度がアップe-70(笑)
日本に何度か来れば、必ず親日になると思いますよ!


上には上がいるもので…

懐かしい、というのか明らかにこの頃になるとシンセドラム
の音が単調なアクセントで、間違いなく70年代とは違う流行
歌という感じがします…

MVというのは目で見る楽しみはあるんだけど、見ることに集中
しちゃうと音がBGMのようにしか聞こえてこない、という
デメリットもありますねぇ…
何か洒落てたりカッコいい雰囲気もので、いざレコード掛けて
みると<うん?こんなもの?>なんてこともよくありました…

ところでシンディ・ローパーというと親日家で、やたら日本で
コンサートやっているイメージがありますけど、昨年のビル
ボードの年間チャートを聞いていたら、えっ、この人日本人?
というくらいのMVがありましたので貼っておきます。
何でも観光旅行で作っちゃったらしいMVらしいのですが、
意外と受けました!!
年間41位 Clean Bandit /
Rather Be ft. Jess Glynne
https://www.youtube.com/watch?v=m-M1AtrxztU

こりゃある意味シンディどころではない親日家?
なんじゃなかろうか…
音作りが昔のシンプリー・レッドを思い出した…


親日アーティスト云えば・・・

free bird さんへ

この曲がヒットした頃が、洋楽から離れて行った時期に重なります。
やはり、70年代とは全く異質の音楽に我慢がならなかったんでしょうね!
PVが豊富の80年代であるにも係わらず、僕自身の中では、聞き流す心地いいドライブ・ミュージックでしかありません。

PV主演の女の子は日本出身で、ロンドン在住のアベハルカさんという女優さんらしいですね。

さて、親日アーティストとして、旬の女性シンガー、アリアナ・グランデという人が世界で話題になっているようです。

http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-1432.html


EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報