こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 03
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
58位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
13位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪ ジャングルを越えて / CCR:1970年作

Run Through The Jungle

ベトナム帰還兵
ベトナム戦争から帰還した米兵の内、40年以上経った今でも、約1割の人が、悪夢、孤独感、不安感、睡眠障害など心的外傷後ストレス障害(PTSD)の症状に苦しんでいるそうです。 特に中南米系と黒人の帰還兵が精神疾患にかかる割合は、白人の帰還兵と比べて2倍以上、これは有色人種の兵士らが戦闘の前線に立たされ、後方にいた白人兵士よりも凄惨な戦争体験をした為とみられています。

今日ご紹介するのは、その悪夢のような密林での戦いを歌ったと思われるCCRの曲を・・・


Cosmo's Factory Cosmo's Factory
【 Album Data 】
リリース:1970年7月25日
チャート:米国1位


5分後には死んでるかもしれない!
CCRは、Fortunate Son“議員の息子など、金持ちは金を積んで徴兵を免れる”と皮肉り、Who'll Stop The Rainでは、容赦なく降り注ぐ爆弾を“雨”に喩えました。

相手の圧倒的兵力、そして降り注ぐ重爆の嵐に怯えるベトナム兵士。 一方、圧倒的に兵力で上まりながら、納得のいかない兵役、そして熱帯雨林に潜むゲリラの影に怯える米国兵士・・・
「5分後には死んでるかもしれない」と常に死と背中合わせの状況に慄く。
今日ご紹介するのは、その地獄絵のようなベトナムのジャングルでの戦いを歌ったものと思われる「ジャングルを越えて Run Through The Jungle」です。
曲調からも、その緊張と恐怖が伝わって来るようです。

Run Through The Jungle - CCR

ジャングルを越えて / CCR
俺は思った、これは悪夢かと
いいや、こいつは真実だ
連中は俺に言った
「ゆっくり歩いてちゃあ駄目だ
悪魔が逃げ回ってるから」

ジャングルを走り抜けるんだ
ジャングルを走り抜けるんだ
ジャングルを走り抜けるんだ
後ろを振り向いちゃあ駄目だぞ

轟く音が聞えた
俺の名を呼んでいる
20億丁の拳銃に弾が込められ
サタンが叫ぶ、「狙いをつけろ!」

ジャングルを走り抜けるんだ
ジャングルを走り抜けるんだ
ジャングルを走り抜けるんだ
後ろを振り向いちゃあ駄目だぞ

あの山の上で雷鳴の魔法がこう言う
「人々に私の知恵を授けよう。
国中を煙で満たすのだ」

ジャングルを走り抜けるんだ
ジャングルを走り抜けるんだ
ジャングルを走り抜けるんだ
後ろを振り向いちゃあ駄目だぞ

関連記事

THEME:洋楽 | GENRE:音楽 | TAGS:

COMMENT

趣味が近いですね

はじめまして。
イングランド・ダンから検索でこちらへ来ました。
私もビートルズ・モンキーズを中心とした洋楽ファン。かれこれ10年くらい洋楽ブログやってます。ホントは管理人さんのように対訳を載せたいのですが、そこまで英語力もないので…。でもせっかく洋楽ファンなら、音楽を通じて英語力をアップさせたいものです。
ところでCCR、私も大好きなバンド。よくカラオケでは「Lookin' Out My Back Door」を熱唄して、まわりをシラけさせてます(笑)。
また遊びに来ます!

初めまして

240さんへ

10年も音楽ブログをやってらっしゃるなんて凄いですね!
当時は、当然パソコンなんぞなく、音楽は専らラジオからという時代ですから、皆同じような曲を聴いていたのは間違いない(笑)

僕の和訳は99%他人任せですから、英語に堪能な人間じゃあありません!
エントリーしたくても、和訳がない曲が多くて困ってます(爆)

これからも宜しくお願いします。

今頃ですが

初めまして、別の曲の記事を探していて偶然立ち寄りました。CCRは、ビートルズ、ストーンズと並ぶぼくの中高生時代のアイドルで、彼らの音楽は今でも大切に思っています。

Run Through The Jangleは、作者ジョン・フォガティ自身の言によると、ベトナム戦争ではなく、アメリカ国内の銃器氾濫に対する危機感を歌ったものだそうです。時代が時代でしたので、アメリカでもベトナムを歌ったものと誤解されたと彼自身こぼしていました。

別の曲のことですがついでに書きますと、Have You Ever Seen The Rainの雨は、CCRの解散の危機をほのめかしたものと、インタビューでも自伝でもジョン本人がはっきり言っています。この曲を反戦歌とする解釈は、ぼくの記憶では、かなり後年になってから日本だけで流布したと思います。

世代と趣味が近いようですし、音楽への向き合い方が真面目でいらっしゃるので、今後もちょくちょく立ち寄って、楽しませていただきます。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報