こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
9位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

約半世紀ぶりとなる武道館公演のセット・リストは?

at Irving Plaza, New York, NY, USA

ポールが武道館に帰って来る!
今年のバレンタインデーに行われた、ニューヨークのアーヴィング・プラザでのセット・リストです。

これをそのまま武道館で演るとは思いませんが参考になればと・・・

Paul McCartney Live February 14, 2015
【Setlist at Irving Plaza, New York, NY, USA】
01.Eight Days a Week
02.Save Us
03.All My Loving
04.One After 909
05.Matchbox
06.Let Me Roll It
07.Nineteen Hundred and Eighty-Five
08.My Valentine
09.Maybe I'm Amazed
10.I've Just Seen a Face
11.It's So Easy
12.Every Night
13.Another Day
14.We Can Work It Out
15.And I Love Her
16.New
17.Lady Madonna
18.Jet
19.Drive My Car
20.Ob-La-Di, Ob-La-Da
21.Back In The U.S.S.R
22.Let It Be
23.Hey Jude

Encore
24.Golden Slumber
25.Carry That Weight
26.The End


因みに1966年のビートルズ武道館公演のセット・リストは~1.ロック・アンド・ロール・ミュージック2.シーズ・ア・ウーマン3.恋をするなら4.デイ・トリッパー5.ベイビーズ・イン・ブラック6.アイ・フィール・ファイン7.イエスタデイ8.彼氏になりたい9.ひとりぼっちのあいつ10.ペイパーバック・ライター11.アイム・ダウン以上11曲。

前回のツアーで「イエスタデイ」「ペイパーバック・ライター」を演奏してくれましたので、ライヴ映えのする「シーズ・ア・ウーマン」「アイム・ダウン」が入ってくる可能性も・・・???

武道館公演がある4月28日まで、この中から何曲かエントリー出来たらと思ってます。




THEME:なんてったってビートルズ! | GENRE:音楽 | TAGS:

2013年11月19日『ポール・マッカートニー東京ドーム公演』に行ってきました!

Out There Tour Japan 2013

何処にそんなパワーがあるの?
開場時間17時を少々過ぎた頃に東京ドームに到着したものの、リハーサルが長引いていて、結局、開場開始は45分遅れでした。
並ぶことは好きではありませんが、すごい列が出来つつあったので、取り敢えず列の中に・・・
途中、外部からリハーサルの音がよく聴こえる場所があり、確認出来たのが新曲の「Save Us」・・・
皆、口々に「ポール、こんなに張り切ってリハやって、大丈夫かな?」と心配、「適当にやって、本番にエネルギーを取っておけばいいのに」との声が多数・・・(笑)

少なかったグッズ!
しばらくすると、『グッズの数が少なくなっていますから、ご了承下さい』というスタッフの人のアナウンスが・・・
確かに、『入場者に中高年が多く、グッズ売上も、通常のコンサートに比べ、かなり増える事になり、経済効果は100億に達する見込み』と報道されてはいましたが、『まあ、購買意欲を注る為の手段だろう』と思っておりました。

開場すると、念の為、グッズ売り場に直行!
すると、そこでも、すごい列が・・・
商品が少ないといった話は本当で、Tシャツなんてなかった!
ピンバッチキーホルダーも見当たらない・・・

仕方なく買ったのが、パンフレット(3.000円)マフラータオル(1.500円)と光る棒サイリウム(500円)、それらを入れる布袋スタンプド・トートバッグ(1.500円)4点6.500円也。

続きを読む

THEME:The Beatles(ビートルズ) | GENRE:音楽 | TAGS:

"Paul McCartney Out There Japan Tour 2013" ~ セットリストの内、ソロ以降の作品の一覧



取り敢えず、 セットリストの内、ソロ以降の作品のご紹介を終了しました!

いよいよ、明日、上京です!
東京ドームのある水道橋まで10分弱と近い、両国にホテルを確保しております。実はこの両国という地、3年前に亡くなった親父の生まれ育った家があった場所、「俺が死ぬまで本籍は移さん」といつまでも“江戸っ子”に拘った親父でした。
既にその親父も亡くなり、早く本籍を移せばいいものを未だそのまま・・・
“江戸っ子”に拘った親父のその息子は、何の拘りもないにも係わらず、面倒臭いので、そのまま放置・・・(笑)
関東大震災までは、かなりの大店だったらしく、世が世なら、わたしゃあ、大店の若旦那として、かなり羽振りのいいのほほんとした人生を歩めたはずです!
でも、羽振りは良くありませんが、のほほんとした人生を歩んでおります!(爆)

Out There Japan Tour 2013
セットリストの内、ソロ以降の作品の一覧

『New』より
Save us
New
Queenie Eye
Everybody out there


『McCartney』より
Maybe I’m Amazed

『Band On The Run』より
Let Me Roll It  
Nineteen Hundred and Eighty-Five
Band on the Run


『Venus & Mars』より
Listen to What the Man Said

『Tug of War』より
Here Today

『Kisses On The Bottom』より
My Valentine

[Singles]
Another Day
Live and Let Die
Hi, Hi, Hi


ポール・マッカートニー
アウト・ゼアー・ジャパン・ツアーグッズ










悲劇!“消える曲リスト”予感的中!

ポール・マッカートニー来日2013

いよいよポール・マッカートニーの日本公演が始まりました!
そこで、気になるのがセットリスト・・・
新作から何曲やるか、それによって、どの曲が基本セットリストから洩れるのか・・・

そこで、先ずは今回のツアーの基本セットリストを・・・
【 "Out There Tour"の基本セットリスト 】
01. Eight Days A Week
02. Junior’s Farm
03. All My Loving
04. Listen To What The Man Said
05. Let Me Roll It/Foxy Lady coda
06. Paperback Writer
07. My Valentine
08. Nineteen Hundred And Eighty-Five
09. The Long And Winding Road
10. Maybe I’m Amazed
11. I’ve Just Seen A Face
12. We Can Work It Out
13. Another Day
14. And I Love Her
15. Blackbird
16. Here Today
17. Your Mother Should Know
18. Lady Madonna
19. All Together Now
20. Lovely Rita
21. Mrs. Vandebilt
22. Eleanor Rigby
23. Being For The Benefit Of Mr. Kite!
24. Something
25. Ob-La-Di, Ob-La-Da
26. Band On The Run
27. Back In The USSR
28. Let It Be
29. Live And Let Die
30. Hey Jude

《Encore One》
31. Day Tripper
32. Hi Hi Hi
33. Get Back(日によって"I Saw Her Standing There")

《Encore Two》
34. Yesterday
35. Helter Skelter
36. Golden Slumbers/Carry That Weight/The End


新アルバムからは4曲で、予想通り「New」「Save us」「Queenie Eye」「Everybody out there」でした。
最初の3曲は、確実にやると思ってましたし、「Everybody Out There」については、"Out There Tour"という名称のツアーということで、「もしかしたら」と思ってました。
ただ、テンポ等が「Mrs. Vandebilt」に似ているため、この曲が入ると、今回、聴きたい曲のひとつの「Mrs. Vandebilt」が消えてしまう可能性があると・・・

新曲が4曲セットリストに加わったことにより、どの曲が消えるか・・・
「どれも消えて欲しくない!」と思ってましたが、大阪公演の時点で、“消える曲のリスト”が・・・悪い予感的中!

「Junior's Farm」「Save us」
「Mrs. Vandebilt」「Everybody out there」
「Your Mother Should Know」「New」「Queenie Eye」

どれも、“聴きたかった曲ベスト10”に入ってる曲ばかり
しかし・・・
加わる新曲の曲調を考えると妥当と云えば妥当・・・
「お見事!」と云える選曲ですね!
まあ、1曲余分にやってくれたから、我慢しなくちゃね!

さて、大阪でのセットリストは・・・

  

続きを読む

THEME:The Beatles(ビートルズ) | GENRE:音楽 | TAGS:
プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報