こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 03
2017
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
58位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
13位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

1965年8月15日、野球場が少女たちの黄色い歓声で包まれました!

Beatles play Shea Stadium

1965年8月15日…ニューヨークにて
3点差を追いかける、9回裏2アウト満塁のチャンスで、相手チームのリリーフ・エースの投じた初球を痛打!
打球はグングン伸びて、満員のライトスタンドに突き刺さる“逆転さよなら満塁ホームラン”
球場全体が地響きにも似た大歓声で包まれる・・・

ロック史上初の野外スタジアム・コンサート
このような劇的な場面の歓声よりも、更に大きなティーンエイジャーの黄色い歓声が約35分に渡り響き渡ったのが、半世紀前の1965年8月15日シェア・スタジアムでした。
このビートルズが行なった大規模な野外スタジアム・コンサートは、ロック史上初めてのことで、その後の大規模ロック・コンサートの先駆けになりました。

エプスタインの深謀遠慮
ビートルズのマネージャーのブライアン・エプスタインは、ビートルズのファンは、ティーンエイジャーが大部分を占めるため、コンサートのチケット料金も出来るだけ安くするよう、プロモート側に「この金額までに抑えるように!」と厳しく要求したそうです。
このように、ビートルズのイメージを守る為の努力を惜しまない人で、心から彼らを愛して、決してビートルズを金儲けする為のマシーンと思ってなかった・・・
このような人ですから、やんちゃなビートルズも、彼を信頼して、そして愛して止まなかったのでしょう。

ファンに少しでも安い料金でビートルズを見てもらえる上に、1度のコンサートで通常の10回分にもあたる観客動員を見込める野球場でのコンサートは、このような理由から生まれました。


続きを読む

THEME:なんてったってビートルズ! | GENRE:音楽 | TAGS:

5枚目のアルバムは、これからの“ビートルズの変貌”を予感させるものとなりました。

Help!(表面)

Help!(表面) Help!(裏面)
Front         Back

【リリース日】
1965年8月6日(英国)

A面
1.Help!
2.The Night Before
3.You've Got to Hide Your Love Away
4.I Need You
5.Another Girl
6.You're Going to Lose That Girl 
7.Ticket to Ride

B面
1.Act Naturally
2.It's Only Love
3.You Like Me Too Much
4.Tell Me What You See
5.I've Just Seen a Face
6.Yesterday
7.Dizzy Miss Lizzy


1965年8月6日、2作目の主演映画『ヘルプ! 4人はアイドル』に使われた曲をA面に配したアルバム『Help!』をリリースしました。 A面に比べ地味な印象のB面、その中で輝きを放っているのが屈指の名曲「Yesterday」でした。

続きを読む

THEME:なんてったってビートルズ! | GENRE:音楽 | TAGS:

1965年7月23日、ジョンの心の中の"SOS"を発信したシングルがリリースされました。

Help! c/w I'm Down
Help!
c/w I'm Down

【 Single Data 】
リリース:1965年7月23日(英国)
チャート:英国1位


獅子奮迅の働きをしたジョン
降って沸いたような“世界中を巻き込んだムーブメント”~来る日も来る日も、ぎっしり詰まったスケジュール~ビートルズの面々はこんな状態が2年以上も続いていたわけです。
当然の如く、ストレスが溜まりに溜まっていたのは当たり前のことです。
そんな中、1965年の今日7月23日に、ビートルズは10枚目のシングルとして「Help! c/w I'm Down 」をリリースしました。

アメリカ進出で、最も忙しかったであろう1964年にリリースしたアルバム『A Hard Day's Night』『Beatles For Sale』に収録されたオリジナル曲20曲(収録曲は全27曲)の内、完全なポール・マッカートニーの単独作品は「Can't Buy Me Love」「Things We Said Today」「I'll Follow The Sun」「Every Little Thing」のみ~何とジョン・レノンは8割に当たる16曲の作曲に係わっています。

一番、大変な時期を乗り切ることが出来たのは、まさに“ジョンの獅子奮迅の働き”によるものといっても過言ではありません。
この時期のこのジョンの働きがなければ、ビートルズも、他のブリティッシュ・インヴェイジョンのグループとさほど変らなく、ムーブメントの冷却と共に消えて行く運命を辿っていたかも知れません。
このようなことを考え合わせると、この時期の、ジョンのストレスは想像もつかないくらいの大きさだったのではないでしょうか・・・?

その心の叫びを曲にしたのがこの「Help!」でした。

UK-Official-Chart
【UK Official Chart】1965年8月7日付
01.Help! / Beatles
02.Mr. Tambourine Man / Byrds
03.You've Got Your Troubles / Fortunes
04.We Gotta Get Out Of This Place 朝日のない街 / Animals
05.Tossing And Turning / Ivy League
06.Heart Full Of Soul ハートせつなく / Yardbirds
07.Catch Us If You Can 若さをつかもう / Dave Clark Five
08.There But For Fortune / Joan Baez
09.In The Middle Of Nowhere / Dusty Springfield
10.I'm Alive / Hollies



THEME:なんてったってビートルズ! | GENRE:音楽 | TAGS:

1965年4月9日、いつまでもアルプスの名場面が目に浮かんで来るシングルがリリースされました。

Ticket To Ride c/w Yes It Is
Ticket To Ride
c/w Yes It Is

【 Single Data 】
リリース:1965年4月9日(英国)
チャート:英国1位


スキーが下手くそだったビートルズ
1965年前半のビートルズは、映画『4人はアイドル Help!』の撮影および挿入歌等のレコーディングにと忙殺されました。
そんな中、1965年の今日4月9日に9枚目のシングルとしてリリースされたのが「Ticket To Ride c/w Yes It Is」でした。

イントロが聴こえ始めると、条件反射のように、アルプスの名場面、スキーの下手くそなビートル達の事が頭に浮かんで来る曲です(笑)

UK-Official-Chart
【UK Official Chart】1965年4月24日付
01,Ticket To Ride 涙の乗車券 / Beatles

02.Here Comes The Night / Them
03.The Minute You're Gone かた時も / Cliff Richard
04.Concrete And Clay / Unit Four Plus Two
05.Little Things / Dave Berry
06.Catch The Wind / Donovan
07.For Your Love / Yardbirds
08.King Of The Road / Roger Miller
09.The Last Time / Rolling Stones
10.Pop Go The Workers / Barron Knights



THEME:なんてったってビートルズ! | GENRE:音楽 | TAGS:

4枚目のアルバムはレコード会社との契約を果す為のもので、ハンブルグ時代からのお馴染みのカヴァー曲も収録。

Beatles for Sale (Front Cover)

Beatles for Sale (Front Cover) Beatles for Sale Back Cover
Front         Back

【リリース日】
1964年12月4日(英国)

A面
1.No Reply
2.I'm a Loser
3.Baby's in Black
4.Rock and Roll Music
5.I'll Follow the Sun
6.Mr. Moonlight 
7.Kansas City - Hey, Hey, Hey, Hey

B面
1.Eight Days a Week
2.Words of Love
3.Honey Don't
4.Every Little Thing
5. Don't Want to Spoil the Party
6.What You're Doing
7.Everybody's Trying to Be My Baby


1964年12月4日、“年2枚のアルバムをリリース”というレコード会社との契約を果すため、ハンブルグ時代からのロックンロールのカヴァー曲を収録曲の中心におきました。 ハンブルグの貯金を掃き出したアルバムと云っていいでしょう!


続きを読む

THEME:なんてったってビートルズ! | GENRE:音楽 | TAGS:

1964年11月27日、その後の実験的なサウンド作りの先駆けとなるシングルがリリースされました。

I Feel Fine c/w She's A Woman
I Feel Fine
c/w She's A Woman

【 Single Data 】
リリース:1964年11月27日(英国)
チャート:英国1位


世界が注目する中
映画『A Hard Day's Night』もヒットし、英米だけに留まらず世界的アイドルとなったビートルズ、6枚目のシングルとして1964年11月27日にリリースされたのが「I Feel Fine」でした。

続きを読む

THEME:なんてったってビートルズ! | GENRE:音楽 | TAGS:

3作目にして、初めて全曲オリジナル・アルバムをリリースしました。 

A Hard Day's Night (表面)

A Hard Day's Night (表面) A Hard Day's Night (裏面)
Front         Back

【リリース日】
1964年7月10日(英国)

A面
1.A Hard Day's Night
2.I Should Have Known Better
3.If I Fell
4.I'm Happy Just to Dance with You
5.And I Love Her
6.Tell Me Why 
7.Can't Buy Me Love

B面
1.Any Time at All
2.I'll Cry Instead
3.Things We Said Today
4.When I Get Home
5.You Can't Do That
6.I'll Be Back


1964年7月10日ビートルズとしては、初めての収録全曲がオリジナルのアルバム『A Hard Day's Night』をリリースしました。

続きを読む

THEME:なんてったってビートルズ! | GENRE:音楽 | TAGS:

このシングルで、アイドルの地位を盤石なものにしました!

A Hard Day's Night c/w Things We Said Today
A Hard Day's Night
c/w Things We Said Today

【 Single Data 】
リリース:1964年7月10日(英国)
チャート:英国1位


地位を盤石にしました!
アメリカを制覇したことで世界中からその動向に注目が集まるようになったビートルズ。そんな中、1964年7月10日にリリースされたのがシングル「A Hard Day's Night」でした。

続きを読む

THEME:なんてったってビートルズ! | GENRE:音楽 | TAGS:

1964年4月4日、前人未到の記録が生まれました~ビルボードのチャートを独占!

Billboard Hot 100 - 4 April, 1964

半世紀前の1964年4月4日
"Billboard Hot 100"に措いてビートルズは、前人未踏の1位から5位を独占という快挙を成し遂げました。


この快挙は、当時のビートルズ人気の凄まじさを語る時に必ず話される有名な出来事です。
この5曲以外にも7曲が100位以内にチャートインしています・・・

Billboard Logo1964年4月4日付
01.Can't Buy Me Love
02.Twist & Shout
03.She Loves You
04.I Want To Hold Your Hand
05.Please Please Me
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
31.I Saw Her Standing There
41.From Me To You 
46.Do You Want To Know A Secret 
58.All My Loving 
65.You Can't Do That 
68.Roll Over Beethoven 
79.Thank You Girl
 

しかし、いくらビートルズ人気が爆発という状況だったとはいえ、このチャートは異常です!
何故、このような奇跡的なことが起き得たのでしょうか?

続きを読む

THEME:ビートルズ関連 | GENRE:音楽 | TAGS:

伝説となった“エド・サリヴァン・ショー”出演までの道のり

Beatlemania

ヒースロー空港にて
時はさかのぼり1963年10月31日、ロンドン・ヒースロー空港、飛行機の遅れで偶然立ち寄った空港で、ひとりのアメリカ人は大変な光景を目にしました・・・

「おいおい、この騒ぎは一体何事だ !?」
「ビートルズが、スウェーデンから帰って来たんだよ!」
「んんんっ、ビートルズ?」
「えっ!…嘘だろ!知らないのかい!?」


このすさまじい光景を目の当たりに見たアメリカ人が、熱狂を引き起こしているビートルズ「俺の番組で紹介したら面白いのでは・・・」
このように思うのは自然の成り行きだったのでしょう!

続きを読む

THEME:ビートルズ関連 | GENRE:音楽 | TAGS:
プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報