こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
8位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪ 好きさ好きさ好きさ / ザ・ゾンビーズ:1965年作

Carnaby Street

Carnaby Street
60年代、ロンドン全体が活気に溢れ、世界中の若者が英国文化に憧れたこの時代を“スウィンギング・ロンドン”と呼びました。 そして、流行最先端のファッションと音楽の中心地だったのがこの“カーナビー・ストリート”でした。

星加ルミ子が命名したGSバンド
ビートルズのインタビューに初めて成功した女性ジャーナリストとして有名な星加ルミ子さんが、命名したGS人気バンドというのが“ザ・カーナビーツ”~1967年当時、若者文化、ファッションの最先端をいっていたロンドンのカーナビー・ストリートがその由来とのこと・・・
トラさん、牛さん、ジャガーさんなど動物の名を語ったグループ名が多い中、何ともお洒落なグループ名でしょうか♪

そんな彼ら、ゾンビーズをカヴァーしたデビュー曲で、いきなり“GSブーム”を象徴するような大ヒットを飛ばします!


続きを読む

♪ ふたりのシーズン / ザ・ゾンビーズ: 1968年作

Time Of The Season

1967年6月、
ロック・ミュージックは大転換期を迎えました!


口うるさい評論家を“単なるダンス・ミュージックだったロックンロールを芸術の域まで高めた”と唸らせ、同業のアーティストからは“あれは我々にとって大事件だった!”と驚愕させたビートルズ『Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band』、それは音楽だけに留まらず、あらゆるポップ・カルチャーに影響を与えることに・・・・

ビートルズの進化に追いつけない!
進化し続けるビートルズに対して、ブリティッシュ・インヴェイジョンの波により米国進出した他のグループは、一部のグループを残しチャートから消えていきました。
といっても、その“一部のグループ”というのが、歴史に残るような大物グループなんですけどね~やはり“力のあるものは流行に左右されない”という事でしょう!

“昇った太陽は必ず夕陽となって沈んでいく”
こんなところなんでしょうね!

今日ご紹介するゾンビーズも夕陽となって沈んでいったバンドのひとつ(笑)、3枚目のシングル「Tell Her No」はアメリカ初上陸の効果もあってヒットしたものの後が続かず、次第にチャートから遠ざかっていきました・・・

続きを読む

THEME:洋楽 | GENRE:音楽 | TAGS:

♪ 恋はノー・ノー・ノー / ザ・ゾンビーズ:1964年作

Tell Her No / The Zombies

好事魔多し
Lights are usually followed by shadows
良いことには邪魔が入りやすいものだから、良いことがあったからといって有頂天になってはいけないという戒めの意を含む。


洗練されたデビュー曲のヒットで、そのまま突っ走ると思われたゾンビーズでしたが、そうは巧くことは運びませんでした・・・

続きを読む

THEME:洋楽 | GENRE:音楽 | TAGS:

♪ シーズ・ノット・ゼア / ザ・ゾンビーズ:1964年作

シーズ・ノット・ゼア / ザ・ゾンビーズ
【 Single Data 】
リリース:1964年7月24日(英国)、9月(米国)
チャート:英国12位、米国2位


イメージのギャップ
グループ名から来るイメージと違ってインテリジェンスを感じさせる曲でデビューを飾ったのがゾンビーズでした。


彼らは、1964年から始まったブリティッシュ・インヴェイジョンの波に乗って、アメリカに進出したグループのひとつですが、他のグループとは一味違うジャズのエッセンスが感じられる洗練されたサウンドも持ち合わせており、僕の中ではかなり高評価のグループです。

続きを読む

THEME:洋楽 | GENRE:音楽 | TAGS:
プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報