こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
8位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪サヴォイ・トラッフル / ザ・ビートルズ:1968年作 ~ チョコレート好きのギターの神様は歯痛で悩まされていた!

Savoy Truffle - The Beatles

親密度が増していくジョージとクラプトン
1968年9月6日の「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」のセッションを経て、更に絆を深めていったジョージ・ハリスンとエリック・クラプトン~それから間もなくクラプトンは、ジョージの家から車で数分の場所に居を移します。

互いの家を往き来しての家族ぐるみのお付き合いは、ミュージシャンとしてだけでなく、プライベートに於いても信頼関係が深まって行きます。

このような親密な付き合いが、やがてクラプトンのパティへの許されない思慕へと繋がり、それがやがて、ロック史に残る“三角関係”に・・・
そして、名曲いとしのレイラを生み出すことになったのはあまりに有名です。

さて、今日もこの二人の新密度を端的に表す曲の紹介です。


続きを読む

THEME:なんてったってビートルズ! | GENRE:音楽 | TAGS:

♪ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス / ザ・ビートルズ:1968年作 ~ ジョージの決断が名曲を生んだ!

While My Guitar Gently Weeps - The Beatles

ジョージからのオファー
1968年の夏、クリームの解散が現実味を帯び、付き合っていた彼女とも別れ、孤独感に満ちていたエリック・クラプトン、その彼の元にビートルズジョージ・ハリスンから「ビートルズのセッションに参加して欲しい」との要請が・・・

いかにギターの神様エリック・クラプトンとはいえ、ビートルズのセッションに参加することなど、簡単に引き受けられるわけがありませんでした。
クラプトンは、若くして世界的名声があり、常に自分の先を行くジョージ・ハリスンに強い憧れを抱いていたそうです。
そのジョージからの要請とはいえ、「あのビートルズとセッションなんて・・・リンゴは人懐っこそうだから問題ないよな・・・でも、後ろにジョンとポールがド~ンと控えてるじゃん・・・これは断らにゃかなわん!」
その時は、多分こんな心理状況だったのでは・・・(笑)

固辞するクラプトンに対し、ジョージはいとも簡単にこう言うのでした・・・「俺の曲をやるのだから問題ない!」
誰にも文句は言わせん!~ということなんでしょう♪



続きを読む

THEME:なんてったってビートルズ! | GENRE:音楽 | TAGS:

♪ へルター・スケルター / ザ・ビートルズ:1968年作 ~ 来たるべきヘヴィメタ時代の到来を予感させました!

Helter Skelter - The Beatles

Helter Skelter
イギリスでは遊具の「滑り台」のことだが「狼狽(する)、混乱(した)」といった意味もあるため、両方の意味を含ませていると思われる。


70年代を暗示
70年代というのは、音楽も特定のアーティストが時代を引っ張るのではなく、それぞれのアーティストが各分野に散らばっていき、それぞれの分野の音楽を追求していきました。

そして、70年代の多方面に渡る音楽の分散を暗示してるような内容を持ったビートルズの2枚組のアルバムが1968年11月22日にリリース・・・通称ホワイト・アルバムですね!

続きを読む

THEME:なんてったってビートルズ! | GENRE:音楽 | TAGS:

♪ オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ / ザ・ビートルズ:1968年作 ~ 最悪の状況下で作った、最高に楽しい曲!

Ob-La-Di, Ob-La-Da - The Beatles

Fiction
架空の出来事を想像的に描いた物語。


ポール・マッカートニーの詞は、ジョン・レノンのそれに比べ、物語風のものが多いのが特徴のひとつとして挙げられることがあり、この曲もそんな曲のひとつです。
当然、物語には登場人物がつきもの・・・
この物語の主人公は、デズモンドとモリーという名のジョーンズ夫婦です。

ビートルズのその曲の存在をほぼリアルタイムで知りながら、当時は日本語によるカヴァーしか聴いたことがなく、初めてそれを聴いたのは、それから2年後の事でした・・・

続きを読む

THEME:なんてったってビートルズ! | GENRE:音楽 | TAGS:
プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報