こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
8位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪ ミッシェル / ザ・ビートルズ:1965年作 ~ ♡フランス語はお洒落でしょ?

Michelle - The Beatles

ジョンとポール
母親を早くに亡くし、その寂しさを紛らわす為か、ロックンロールにのめり込んで行った二人の少年。 一生懸命、二人でギターのコードを覚えたり、小旅行をしたり、アマチュアのコンテストにも参加するなど、友情を深め、お互いに無くてはならない存在になって行きました・・・

ジョン・レノンとの思い出を懐かしそうに話すポール・マッカートニー、面白半分で芸名を使ったことがあるというくだりで、ポールは、少々、はにかみ気味に『ちょっとフランスっぽい名前を使った事もある。何となくお洒落だろ?』と・・・

ポールは、“フランス=お洒落”のイメージを持っていたようで、このあたりは、一般人と何にも変わりませんね(笑)

今現在、J-POPでも、特にアップ・テンポの曲で、英語が歌詞に入ってない曲を探すのは困難なくらい、日常化しております。
フランスに多少なりとも憧れを抱いていたポールが、ラヴ・ソングの一部に、フランス語の歌詞使ったのもすごく理解出来ます。


続きを読む

THEME:なんてったってビートルズ! | GENRE:音楽 | TAGS:

♪ 浮気娘 / ザ・ビートルズ:1965年作 ~ ジョン、そりゃないよ! 嫉妬男の間違いだろ?

Run For Your Life - The Beatles

邦題曲の多さが異様に目立ったアルバム
今も昔も変わらず・・・
ビートルズのアルバムの中でも、『Rubber Soul』は最もお気に入りのひとつです!

このアルバム、どうゆうわけか、収録曲の14曲の内、半数以上の8曲に邦題がついいています!
ジョージ・ハリスン「同時期にリリースされたのが原因か、収録曲の区別がつかない」といった様な内容のコメントを残している、兄弟作と云ってもいい様な次作の『Revolver』が邦題曲ゼロだけに、『Rubber Soul』の邦題の多さを余計に印象付けています。

その中には、“浮気娘”やら“嘘つき女”やら、およそアイドルには似つかわしくない邦題もチラホラ・・・
今日は、その内の1曲「浮気娘」の紹介です。


続きを読む

THEME:なんてったってビートルズ! | GENRE:音楽 | TAGS:

♪ 恋をするなら / ザ・ビートルズ:1965年作 ~ 12弦ギターが美しいフォーク・ロックへのアプローチ

If I Needed Someone - The Beatles

盗作とは・・・Wikipediaより
他者の表現や独創性のあるアイディアを盗用して類似した作品を作ることであり、類似した作品を作ること全てが盗作となるわけではない。 「~に影響を受けた作品」「~風の作品」と称されるものは作風の模倣であって、盗作には該当しない場合が多い

ジェニファー・ロペスのプロモーションビデオ「アイム・グラッド」が、デヴィッド・ラシャベルの手によって、映画『フラッシュダンス』のオマージュとして制作されたが、あまりにも映画と似すぎていて、制作者に了解を得ていなかったことから、苦言を呈された。
映画などにおいては、何らかの記念作品の場合、過去の作品に遡り過去の監督などへのメッセージとして映像の一部に古い映画をイメージする部分を挿入することがある。

I'm Glad - Jennifer Lopez


やはり、“こっそり”ではなく、その制作者に事前に了解を得て、充分に敬意を持った対応をすることが肝要かと・・・

ビートルズジョージ・ハリスンは、とある曲を作る際、新人バンドのバーズ“インスパイアされた曲を作る”という話を持ちかけ、事前に了解を得ました。


続きを読む

THEME:なんてったってビートルズ! | GENRE:音楽 | TAGS:

♪ ひとりぼっちのあいつ / ザ・ビートルズ:1965年作 ~ ジョンの深層心理を歌った曲といわれてます!

映画『Nowhere Boy』

Nowhere Boy
ジョン・レノンが、複雑な家庭環境で少年時代を過ごしたことは、皆さんもご存知の事と思います。
その少年時代を描いたのが、映画『Nowhere Boy』でした。

実に面白かった!

BARKS logo  映画『Nowhere Boy』に絶賛コメント

母が、歩いて行ける場所に住んでいる事を知ったジョン。
そこには、新しい家族と暮らす母親。
そして、ミミ叔母さんに内緒で母親に会うようになるジョン。


育ての親のいかにも英国の中流階級の夫人然という感じがするミミ叔母さん、その叔母さんの妹とは、とても思えない自由奔放で明るい実の母親のジュリアン・・・

その二人の母親の間で心揺れる少年期のジョン・レノン・・・

実際のエピソードをさり気なく自然に物語に織り込んでいて、しかも、自転車で友達と学校に行く途中、赤いストロベリー・フィールドの門の前を通過させるなど、ビートルズ・ファンにとって、まるで、ドキュメンタリーのように感じさせられます。
これまで、目にしたことがある写真の世界が、現実に映画の中に登場することが、そういった気持ちにさせられる原因なんでしょうね!

The Quarrymen - 01

この写真は、1957年7月6日、セント・ピーターズ教会の屋外のバザー会場で行われたクオリーメンのトラックの荷台をステージ替わり使ったコンサートの有名な写真ですが、この場面も映画の中に出て来ます。
その客席の中に15歳のポール・マッカートニーの姿も・・・
このステージの後に、ジョンとポールの歴史的出会いも、当然、映画の中に組み込まれている・・・
すべてが、ごく自然の流れの中にあり、ワザとらしく、説明口調にしてないところが気に入りました。

その他にも、いっぱい書きたいことがありますが、最後の場面で、ジョンがミミ叔母さんと交わした会話が印象的でした。

抜粋してみると・・・

「ドイツのハンブルグに行くんだ」
「新しいバンド名は何と言うの?」
「どっちみち興味ないだろ」
「そうね、皆、似たり寄ったりだから・・・」


ビートルズという言葉は、一言も出なかった!

こういったさり気なさが、この映画の特徴でした!


続きを読む

THEME:なんてったってビートルズ! | GENRE:音楽 | TAGS:

♪ ノルウェーの森 / ザ・ビートルズ:1965年作 ~ インド楽器が威力を発揮しました!

Norwegian Wood (This Bird Has Flown) - The Beatles

インド音楽を注入!
ジョージ・ハリスンといったら、先ず頭に浮かんで来るのがインド音楽です。
ジョージは、ビートルズの音楽にシタールなるインド楽器を持ち込むなど、彼らのサウンドが変化する過程で大きな役割を果たしました・・・

今日ご紹介する曲は、ビートルズインド音楽に初めてアプローチを試みた作品です。


続きを読む

THEME:なんてったってビートルズ! | GENRE:音楽 | TAGS:

♪ イン・マイ・ライフ / ザ・ビートルズ:1965年作 ~ 人生で一番大切なもの、それは君

In My Life / The Beatles

“悔いのない人生を送りたい”
これは、よく耳にする言葉です。
でも、いつも思うのです『悔いのない人生を送れた人なんていない!』と・・・

「あの時、ああすればよかった!」だの、「あの時、こうすればよかった!」だの、些細な事を含めると、必ず誰でも幾つか後悔する事があるはず・・・

過去は決して変えられない!
だから、無理をして“悔いのない人生”をだなんて思わないようにしてます。ようは過去の失敗を悔いるより“今をどう生きるか”、あるいは“この先、何に楽しみを見い出すか”を考えるようにしてます。

夢は次々崩れさるもの・・・
だから、その都度、落ち込んだりしません!
ささやかな楽しみをドンドン作り出せばいい!

さて、そんな事で、今日は『人生』をキーワードにビートルズを1曲・・・


続きを読む

THEME:なんてったってビートルズ! | GENRE:音楽 | TAGS:
プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報