こねこ時計
CATS
Sweets
Blog Calendar
<< 04
2017
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
思い出の歌謡曲
洋楽シングル
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
8位
アクセスランキングを見る>>
since 5 May 2013
ようこそ当ブログへ
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

♪マドモアゼル / スティクス:1976年作

Mademoiselle - Styx

マドモアゼルとマダム
“マドモアゼル”は女性が父親の管理下であることを表す言葉だと女性団体から是正を求められていたことから、2012年にフランスの首相が公文書での使用を廃止、政府の公文書においてはすべての女性は既婚か未婚を問わず“マダム”の称号に統一されたそうです。

日本人男性の目線でいうと・・・
可愛いお嬢さんは、やっぱり“マドモアゼル”の方がシックリくる!
panda_1.gif
女性団体の方も、自分達の都合のいい事ばかりを主張するのでなく、どうせなら、女性半額、女性無料 .. etc こういった男性不利な事にも、“男女平等に!”と声高らかに叫んでもらいたいものですな(笑)
先ずは食って掛かるのではなく、男性にしか出来ないこともあるだろうし、逆に女性にしか出来ないこともある~双方が互いに尊重し合うことが必要かと・・・

今日は素敵なお嬢さんを讃歌するスティクスの曲を・・・


続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 | TAGS:

♪ 大いなる幻影 / スティクス:1977年作

ルネ・マグリット「白紙委任状」

時代を超えてお洒落!
アップル・レコードのトレードマークの青リンゴは、ポール・マッカートニーのアイディアで、ルネ・マグリットの絵を参考にしました。

これ程、斬新な画風の作品を残したルネ・マグリットですが、驚いたことに西暦1898年(明治31年)に生まれなんですね。
残された作品から、こんなに昔の人だなんて思いもしませんでした。

現在アートの中に彼の作品を混ぜて並べても、何ら違和感がないところが奇跡としかいいようがないですね!

そんな彼の作品を拝借したのは、アップル・レコードの林檎の図柄だけじゃありません。
作品そのものをアルバム・ジャケットに取り込んだ有名バンドがあります。


続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 | TAGS:

♩ クリスタル・ボール / スティクス:1976年作

Crystal Ball - Styx

産業ロックだと!? 売れるのが何で悪い!
「"Styx"は売れ線の産業ロックだ!」
多くのリスナーが、好んでレコードを買うアーティストに、評論家は何でケチを付けたのか不思議でなりませんが、そもそも“産業ロック”という一部の無責任な発言は、裏を返せば売れるだけの曲を書ける優れた作曲者がいるという事に他なりません。
このスティクスなどは、素晴しい曲を書ける人が3人もいて、しかも、それぞれタイプの違う曲が持ち寄るわけですから、売れないわけがありません・・・


続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 | TAGS:

♪ ボート・オン・ザ・リバー / スティクス:1979年作

Boat On The River

メイン・ヴォーカリスト
1962年、ビートルズを売り出すにあたって、プロデューサーのジョージ・マーティンは、誰をメイン・ヴォーカルに据えるかで頭を悩ませたそうです・・・
マーティンの出した結論は、“一人のヴォーカリストとバックバンド”という従来の形に拘らない、“彼ら4人の魅力を売り物にする!”ということでした。
それだけ4人全員が魅力的だったんでしょうね!

ビートルズは珍しい形態?
他のロックあるいはロックンロールのバンドを考えてみて下さい~
殆んどのバンドには、メイン・ヴォーカルと言われる人が存在しています。
勿論、CSN&Yビージーズなど、全員リード・ヴォーカルをとるグループはありますが、両グループ共にロックあるいはロックンロールのバンドとは言えない存在です。

ジョン・レノンポール・マッカートニーという2枚看板が対等に渡り合って、更にジョージ・ハリスンリンゴ・スターが彩りを添えるビートルズは、ロックンロール・バンドとして非常に珍しいバンドであった事がよく分かります。

今日は、2人のメイン・ヴォーカルを擁するアメリカン・プログレッシブ・ロック・バンドの曲を・・・


続きを読む

THEME:洋楽 | GENRE:音楽 | TAGS:

♪ ブルー・カラー・マン / スティクス:1978年作

ブルー・カラー・マン / スティクス
【 Single Data 】
リリース:1978年
チャート:米国21位


日本のブルーカラーは世界一!
僕の住む愛知県というところは、工業が盛んな地域です。
まさに日本の“モノづくり”の中心地と言ってもいいのでは・・・
その製造業の生産現場で行われている「改善」といわれる作業の見直し活動、作業効率の向上や安全性の確保などに関して、現場の作業者主導で知恵を出し合い、問題解決をはかっていく・・・
この概念は海外においても、「kaizen」という名前で広く普及し、高い評価を得ています。
まさに日本の誇りですね!

今日ご紹介する曲は、誇り高き“ブルー・カラー・マン”に敬意を込めて…

続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 | TAGS:
プロフィール

JOHN BEATLE LENNON

Author:JOHN BEATLE LENNON
ビートルマニアとして、ほんの僅かの年齢差でリアルタイムで経験出来なかった世代です。
ビートルズ史を中心にブログが進行していきます。

検索フォーム
カテゴリ
Who (3)
Yes (3)
Eric Carmen 情報